2005年 09月 20日

バイエルン国立管弦楽団 (9月20日 @サントリーホール)

9月20日
ズービン・メータ指揮バイエルン国立管弦楽団
曲目 R.シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』 op.20
:交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』 op.28
:交響詩『英雄の生涯』 op.40


e0040531_016353.jpg<言わずと知れた名門オケ。かのカリスマ指揮者カルロス・クライバーが振っていたオケだ。
先日新日本フィルを聴きにいってがっかりだったが、今回は大満足。
本当に素晴らしい演奏だった。
まずプログラムが素晴らしい。英雄の生涯はRシュトラウスが自らの一生を英雄になぞらえて書いた曲だが、「英雄の業績」という箇所で、それまでのRシュトラウスの作品の中の重要なモチーフが次々と出現する。その代表的な旋律が、本日の演奏会の前の2曲だ。単一の作曲家の作品で構成される演奏会はたびたびあるが、今回のはもう一歩踏み込んでいてなんとも洒落ている。

演奏はといえば、先日の新日本フィルの演奏とは別次元で、各奏者が単に音を出すのではなく、音楽を表現しようという熱意に満ちた演奏だった。最初の一音からグルーブ感たっぷり。終始オーケストラがうねりを生み出していた。

指揮者のメータの味付けは実にオーソドックス。最初のドンファンこそ、オケに自由に歌わせて且つドライブ感溢れる演奏だったが、後は終始オーソドックス。CDで聴くメータの演奏は正直面白さに欠くものが多いと個人的に感じていたのだが、やはり生演奏といCDは別物。今日の演奏は正統派ではあるものの決して退屈ではなく、実にストレートに「音楽」が伝わってくる感じだ。

そんなメータはインド人である。小澤征爾といい、いわば西洋音楽の非主流の地域の出身なわけだが、そんな彼らが欧米の指揮者よりも正当かつ伝統を重んじるのは面白い。
朝青龍はちょっと違うかもしれませんが、日本の伝統芸能に魅せられた、日本人以上に日本に詳しい外人さんのような感じですかね。

それにしても今日は「オール Rシュトラウス プロ」なわけだから、アンコールも当然Rシュトラウス、、、、と思いきやヨハン・シュトラウス「こうもり」序曲でした。
ドイツのオケが、インド人の指揮者のもと、下手するとウィーンフィルよりもウィーン的な演奏していたかもしれません。脱帽です。
[PR]

by flautebanker | 2005-09-20 23:52 | music


<< 9月21日(水) May he...      真打登場 >>