2005年 10月 09日

「遺憾」という言葉 --某政治家の苦肉の解答

皆さん、「遺憾」という言葉の意味をご存知ですか?
よく経営トップの不祥事にかかる謝罪会見や、政治家が使う言葉です。

先ほど放映されてたクイズ番組での2択問題。
A:「申し訳なく思う」
B:「残念に思う」




このブログをご覧になってる皆さんはお分かりですよね。
正解はBです。つまり謝罪のニュアンスはなし。

これまで謝罪会見等でこの言葉を耳にするたび、「この人達は本当にこの言葉を意味を知っているのだろうか」と常に思ってましたし、皆さんも同じかと思います。

さて問題は、このクイズ番組の解答者である某政治家が不正解だったこと。

ちなみにこの先生は正解発表前に以下コメント。

「この意味で私は使ってます」

このセンセ、元官房長官です。
普通に考えれば意味を知らないはずがありません。
というよりも間違いなく知っていたでしょう。

彼は正解を知っていても、そう解答できないジレンマに陥っていたわけです。
だって「遺憾」を多用する政治家が、その意味は「残念に思う」であって「申し訳ないと思う」ではない、なんて言えないですもんね。全国ネットで。
[PR]

by flautebanker | 2005-10-09 21:50 | diary


<< dealと報道      10月7日(金) --銀行時代... >>