2005年 10月 30日

Boston Career Forum ご報告

予告通り先週Boston Career Forum(BCF)に行ってまいりました。
あ、もちろん採用側です。
(何人かの方が、私が就職活動に行ってくるのではという誤解をされていたようなので・・・。)

ご存知のない方に簡単にご説明すると(かくいう私も今回初めて知ったのですが)、本Forumは株式会社ディスコという会社が主催・運営する海外留学生を主に対象とした就職活動フォーラムで、毎年この時期にアメリカはBostonにて実施されます。参加する企業は日本企業ないしは私が働いているような外資系企業(ただし日本での採用)となります。参加企業は金融・メーカーと様々で、変わったところでは日銀なんかも参加していたようです。Bostonの他にもLondonなどでも同様のイベントが開催されているようですが、中でもこのBCFは最大規模だそう。よって全米各地、一部欧州から主に日本人の留学生が大挙して押し寄せることになります。日本人以外にも日本で働くことを考えている学生さんも参加可能で、事実かなりの日本人以外の学生さんの参加も見受けられました。

それにしても私自身は今回初めての参加でしたが、このさほど小さくないBostonの街に何千人という日本人学生が集っているその光景にはただただ驚くばかり。しかし私以上に驚いているのはアメリカ人でしょうね。しかも学生の皆さんは日本の丸の内界隈で展開される就職活動よろしく、紺やグレーなどの比較的暗い色のスーツで乗り込んできているので、その光景たるや、初めて遭遇するアメリカ人の目には正直異様なものとしか写らないでしょうね。

e0040531_23295483.jpgホテルの部屋から見たBostonの朝焼け。初日は本当に良い天気でした。


それにしても何でBostonなんでしょうかね。
さほど大きくないBostonの街に数十社の採用側の企業のスタッフ、そして3000人を超える学生が大挙してくるわけですから、Flightのチケットやホテルは相当抑えるのが大変だったようです。もっとも同僚から聞くところによれば、10年前くらいのBCFの注目度は今と比べようもないくらい低く、参加企業も本当に少なく、学生もまばらだったようです。古くから継続的に参加されているスタッフの方からすれば、感慨深いものがあるんでしょうね。

e0040531_23294368.jpg会場となったWorld Trade Center。



さてForum自体は10月21日(金)から10月23日(日)の計3日間(最終日は半日)で行われ、私は20日にChicagoを経由してBoston入りしました。


私自身留学の経験がないこともあり、なんとなく「留学生」に対して漠然とした尊敬の念があり、また私自身がそうであったように、日本いるごく普通の学生とは色々な面で違っているんだろうと勝手にイメージしていました。少なくとも留学生の皆さんは10代という若いときに、日本を飛び出す決断をしているわけですから。ところが、実際に面接してみると、前職の邦銀時代にリクルーターとして接していた学生とさほど変わらないことに驚きでした。もちろん英語が飛び交う頻度は多いですし、MBA等の大学院の学生さんは別です。

これも「留学」というものが昔と比べると、さほど大胆なものではなくなってきているからかもしれませんね。それに自分の意思ではなく、ご両親の方針で留学している学生さんも結構いらっしゃったように思います。ただこれまでBCFに何回か参加している同僚が曰く、学費を学生が自己負担しているケースが多くなっているような印象を受けるとのこと。これも長く続いた日本の不景気の影響ですかね。

それにしても投資銀行の人気ぶりにはすごいものがありました。自分のFirmも含めて、他のどの投資銀行のブースもひっきりなしに学生が訪れているという感じ(おかげで一回もランチにいけなかったくらい)。相当過酷な職場、且つ雇用の不安定な業界であるにも拘わらず、これほどまでに人気があるとは、正直戸惑う気持ちもあり。しかしながら面接していて、皆さん「投資銀行に興味あります!」と声高に叫ぶものの、大半の学生さんは投資銀行の仕事についてかなり誤解をされていたように思いましたね。現に志望動機は?と聞くと、「私は投資銀行に入って投資をしてみたい」と語る学生さんが結構多かったですし(笑)。それは極端な例だとしても、やはりこちらから見て優秀だなと思える学生さんは、様々なソースを駆使して、我々の業界のことをよく勉強しており、さらにいえばその中で自分が何をやってみたいのかについてかなり考えていたように思います。逆に言えば、そのような学生さんはまだ社会人経験がないにも拘わらず、そこまで我々の仕事について把握するに至った情報収集能力、理解力、そしてその前提となる一定の金融の知識がある優秀な学生さんだ、とも言えるでしょう。繰り返しになりますが、これは大学院生は除きます。特にMBAの学生さんには、そういった理解は大前提として、テクニカルな質問を含めて、シビアな面接を実施しました。

いずれにしても採用サイドからすると体力的には過酷な3日間でしたが、将来を夢見る学生と接した時間は、社会人になって10年以上経つ私にはいい刺激でした。新しい仕事への好奇心、向上心、こういったものを皆さんから分けてもらったような感じです。来年も予定があえば是非参加してみたいかな。学生の皆さんもがんばってくださいね。
[PR]

by flautebanker | 2005-10-30 00:55 | diary


<< Boston 思ひ出巡り&打ち上げ      BCF >>