2005年 11月 04日

Boston 思ひ出巡り&打ち上げ

さて以前にも書いたとおり、私はかつてBostonのWellseleyという街に住んでいたことがあり、滞在中ちょっとだけできた時間を利用して思い出巡りをしてきました。なんと25年ぶりのことです。
昨年これまた以前住んでいたLAに十数年ぶりに訪れましたが、今回はそれ以上の感動がありました。とはいえ、Bostonに住んでいたのはほんの1年で、それも25年前ですから私は小学生、記憶の大半は曖昧なものとなってました。とはいえ、なんとも綺麗な街だったんだなと改めて再確認しました。

e0040531_2164248.jpgWellseleyはBostonの西に位置する郊外の街で、この街にあるWellesley College(ウェルズリー女子大)はかのヒラリー・クリントンを輩出した大学として知られ、また映画「モナリザ・スマイル」では主演のジュリア・ロバーツがこの大学に赴任する教師役を演じてます。

e0040531_221556.jpgさて、Boston中心部からTaxi&電車そしてまたTaxiを乗り継ぐこと約1時間(国際免許を取得していくのを忘れてしまったので・・)、ようやく到着。
(滞在していたhotelのコンシェルジュに聞いて電車で最寄の駅まで行ったものの、それでも目的地までは5km近くあり。で、タクシーを捜しましたが、こんな郊外で流しのタクシーが捕まるはずもなく、途方にくれた私は近くの病院に駆け込みタクシーを呼んでもらいました。車社会ですね、この国は・・・・)

e0040531_1533220.jpgHunnewell Elementry School
かつて通っていた小学校です。何も変わってませんでした。
"This is a pen"(未だに一度も使ったことのないphraseですが)も分からない小学生がいきなり放り込まれた現地校です。

e0040531_1532397.jpgそして通学路。恐ろしく綺麗でした。その途中にある小川。真冬は零下30℃くらいまで下がる厳しい環境ですが、毎日元気に歩いて通ってました。今ではにわかに信じられない行動形態です。。。

e0040531_2392345.jpg学校にほど近いお店の立ち並ぶ一角へ。正直かつてどんな店があったか覚えてませんが(おいしいクッキーの店の記憶がありますが、それらしき店はありませんでした)、どこにでもあるStarbucksや、有名ブランドの店が並んでました。

e0040531_212779.jpgそしてついにかつて住んでいた家へ。住んでいた当時、既に築20年を越えていた物件ですから、今も残っていれば築50年前後の物件ということになります。いくら建物の耐用年数が長い米国でもさすがに、、、と思いきや、ありました。私の記憶とほぼ変わらない形で。

e0040531_2292446.jpg家のすぐ脇の幹線道路(確かRoute16)。この道はBoston Marathonのrouteで、当時家には親父の学友(留学してました)が多数詰め掛け応援partyをやりました。

とまぁなんとも私的な(かつちょっとおセンチな)エントリーになってしまいましたが、こうやって20年以上前に私が初めてアメリカという国に接した場所に来たことで、色々と考えさせられました。少なくともこのように幼少の頃にアメリカという国に住んでその文化に直接触れたことで、今現在外資系の会社で働いている自分があるのかなぁとぼんやり考えてみたり。いずれにしてもこういうチャンスを与えてくれた親に改めて感謝です。

e0040531_2295898.jpgさて、Boston最終日はお約束のSea Foodでささやかな打ち上げ。Legal Sea Foodという店でクラムチャウダー&ロブスターを。本当に美味でした。
[PR]

by flautebanker | 2005-11-04 01:00 | diary


<< Reunion! --政治の世界--      Boston Career F... >>