投資銀行家への道

flbanker.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 05日

FIG

皆様、あけましておめでとうございます。
本年も本ブログをよろしくお願いいたします。

e0040531_1325091.jpgそういえばこの新年、また合併によって新たなメガ金融機関が誕生しました。
思えば、かつて大手金融機関と称される企業体は23もありましたが、所謂「金融ビッグバン」を経て、その数は今やもう8。
このような大規模且つドラスティックな改革が実施された業界はありません。とかく物事の決断のかかるスピード感に乏しいとされる日本ですが、この金融機関再編にかかる改革の歩みは結果的にはグローバル対比においても遜色ないペースだったのではないでしょうか。

また好調な株式相場をリードするような格好で、銀行株はここ数ヶ月で飛躍的に上昇しました。が、足元の業績をよく見てみると、貸出Exposureの増加を牽引しているのは不動産関連であり、一般法人向けexposureはさほど増加していません(もちろんシンジケートローン等の活用によりむやみに貸出金残高を積み上げる運営はもはやしていないという事情もあるでしょう)。また貸出金にかかる利鞘も銀行間の競争激化による低下傾向は止まっておらず、またそれを補うだけの手数料収入が伸びているかというと、それほどまでの力強さはありません。

従って世間で言われているように銀行が完全に復活したというには若干時期尚早で、今まさにスタートラインに着いたところであると思います。
今後、証券取引法65条の課題(いわゆる銀・証の融合)、郵貯を含めた政府系金融機関の再編・民営化等、これからが金融再編の第2幕といえるのではないでしょうか。

こうしてみるとFIG (Financial Institutions Group=金融機関を担当するBankerのチームをこう呼称します)のbusiness opportunityはまだまだ豊富であり、引き続きhotなsectorであることに疑いの余地はないと思います。
[PR]

by flautebanker | 2006-01-05 01:33 | business


<< IKEA & BALS STORE      誰が予想できたでしょう >>