2006年 01月 16日

4年周期?~W杯Yearに何かが起こる!?~

e0040531_1173882.jpg前にオフィスで話していたトピックが、「ワールドカップの年には必ず何かが起きている」という話。振り返ってみると、確かに何かが起きてます。それもnegativeな事象ばかりです。
1990年、この年はイタリアでW杯が開催され、西ドイツが優勝した年です。言わずもがなこの年はバブル崩壊の年であり、前年の大納会で日経平均は最高値38,915円87銭をマークしたののをピークに、翌90年3月に大蔵省から「土地関連融資の抑制について」(所謂「総量規制」)が通達され、この人為的な急ブレーキが自然な景気後退を加速、ついにはバブルが崩壊しました。

そしてその4年後の94年。W杯はアメリカで開催され、ブラジルが優勝しています。この年、アメリカにおける急激な利上げが実施されました。92年9月から94年の2月まで17ヶ月間FFレートを3.0%に据え置いた後、その後2ヵ月半の間に0.75%引き上げ、最終的には1年後の95年2月までに合計3%も金利を引き上げました。この結果、当時最も心配されていたインフレは完全に押さえ込まれましたが、経済成長も減速しました。為替にも影響し、翌年円ドルは80円を切り、メキシコ・ペソが暴騰。ついにはメキシコ危機まで引き起こされる結果となります。各投資銀行の債券部門(Fixed Income)は一様に大打撃を被りました。

98年。フランスW杯。日本初出場のW杯ですね。この年はロシア危機に端を発した金融危機がマネーの質への逃避を促し、クレジット市場が機能しなくなりました。ヘッジファンドのLTCMが破綻したのもこの年です。これにより多くのBank、Investment Bankがまたもや大打撃を被りました。

そして2002年。98年の金融危機からネットバブル、ITバブルをはさみ、金融市場が危機を迎えます。そう、2001年の9月11日のテロによえい株式市場が停滞している中で、エンロン、ワールドコム(旧MCI)の破綻により資本市場はまた機能しなくなります。マネーは4年前と同様、質への逃避が顕著となりました。この年の投資銀行の収益の落ち込みは激しく、リストラも過酷なものでありました。Wall Street、Cityはもちろんのこと、東京でも同様でした。ちなみに書くまでもないですが、W杯は韓国・日本の共同開催でした。

そして2006年。ドイツW杯。
何が起こるのでしょうか。米国住宅バブルの崩壊?大手自動車メーカーの破綻によるクレジットクランチ?それとも・・・?
答えは12ヶ月以内に出ます。
[PR]

by flautebanker | 2006-01-16 01:56 | business


<< 息抜き --雪とロナウジーニョ...      Deal Toy >>