2006年 01月 31日

コンサートを振り返って

e0040531_20205758.jpg先週の日曜日の演奏会ですが、なかなかの反響のようです。比較的大きなホールでしたが(新宿文化センター)、8割以上の客席が埋まり(ゲストの福田進一さんの知名度の貢献は甚大であったことは言うまでもありません)、大胆且つ甘美な山田さん(写真左)の指揮のもと、演奏自体もなかなか熱気溢れるものだったように思います。ご来場いただいた友人からも絶賛に近い評価を多数いただきました。

e0040531_21212153.jpg福田さんの演奏はやはり別次元で、アランフェス協奏曲は勿論ですが、アンコールで弾いてくださった「アルハンブラの思い出」は本当に息を飲む素晴らしさで(オケなしですからね-笑)、舞台裏で聴いてた私は思わず涙が出そうになりました。ギター一本で1500人近い聴衆を魅了してしまうのは本当にすごいですね。

e0040531_21275644.jpgで、シェラザード。個人的には久しぶりに悔いの残る演奏となってしまいました。本番でいくつかのテクニカルなソロを(思いっきり)はずしてしまったのもさることながら、練習期間を通じて痛感したのが、

「昔何気なくできたことができなくなっている」

という事実。こんな仕事をやってますから、練習時間がないのは仕方ないとしても、その一方で基礎的なテクニックが確実に低下してきていることを実感せずにはいられない日々でした。その自覚はあったのですが、

「そんなことはない。こんなはずはない」

と現実から目をそむけ、大した練習もせず本番に臨んだ結果、どうでもいいミスを連発。ちょっとした緊張ですぐに指が回らなくなるわ、楽器は鳴らないわ、もう散々でした。といいつつも年の功というかなんというか、それなりに聴かせるテクニックみたいなものは年々身についてきてますので(要はごまかし方ですね--笑)、皆さんには誉めていただいてますが、自分の演奏の出来・不出来はやはり自分が一番よく分かっており、そういう意味で「下手になっている」現実を突きつけられたような演奏会でした。

e0040531_2132781.jpgというわけで心機一転、自分の「腕」が落ちてきている事実にちゃんと向き合い、これからはしっかりと練習していこう、と心に誓った私でした。練習時間がないのは皆同じ(といっても中でもかなり少ない方であることは間違いですが)、フルートも、はたまた仕事も、今年はやれるだけやってみようと、逆にやる気がでてきたのが唯一の収穫でしょうか。
ご来場いただいた皆様、たくさんの贈り物ありがとうございました。このモエも頂き物です。
[PR]

by flautebanker | 2006-01-31 20:22 | music


<< Amazon.comの凄み      何故音楽を続けるのか? >>