投資銀行家への道

flbanker.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 04日

アトキンズ社破綻~ローン市場~

1日でしたでしょうか、あの炭水化物の摂取を極端におさえるダイエット方式で話題を呼んだ米アトキンズ・ニュートリショナルズ社が破綻したとのこと。
そのダイエット手法について語れるほどの知識はまったくありませんが、(アメリカ人の私のbossは、あんなに自然の原理に反したものはないと痛烈に批判してましたが)この会社、何年か前にUSD300milくらいのSenior Loan Facilityをローンチしており、ここ1年くらいはセカンダリーのプライスが乱高下していて話題になってました。いずれにしてもlevaraged loanの久しぶりの大型の(でもないですが)defaultです。
もちろんマーケットに与える影響はそんなに大きくないとは思います(ある意味折込済みであったと思われるので)。

ローンの世界では、比較的こういったassetを持たない、まさにcash flowに依拠した銘柄というのは当然チャレンジングな案件となるわけですが、かような銘柄であってもdefault前のこのような時期においても額面の60%台で頻繁に売買されてましたので、改めて米国のローンマーケットの懐の深さを実感します。ここ日本においてもシンジケート・ローンのマーケットの拡大ペースには目を見張るものがありますが、それも基本的にはこれまでのバイラテラルローンのシンジケート・ローンへの切り替えが主であり、アトキンズ社のようなハイイールド銘柄、所謂Leveraged Financeの世界はまだまだこれからといった感じです。しかしここ最近の大型のLBOにおけるファイナンス案件に代表されるleveraged financeの分野は、今後間違いなく成長する分野でもあるでしょう。

上記のアトキンズ社でもローンチされていた2nd lien structureであったり、PIK structureであったり、まだ日本においても未導入の技術もあります。日本を除くアジアでさえも先行しているハイイールド市場、ここ日本においてどのような成長していくのか、非常に楽しみです。
[PR]

by flautebanker | 2005-08-04 01:17 | business


<< 8月5日(金)      8月3日(水) >>