投資銀行家への道

flbanker.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 11日

バイアウト市場の更なる拡大はありえるのか

米国でのバイアウト市場は相変わらずの活況だ。さすがに今年はある程度減速すると個人的には思っていたのだが、とんでもない。大型ファンドは次々ととんでもない規模のファンドをレイズし、その莫大な資金を元手に、大型のバイアウト案件をものにしている(Sungardの買収案件約USD11.3billion!ニーマンマーカス買収5.1billionMGM買収2.9billion等々)。
とはいえさすがに投資資金はそれでも余剰で、某巨大ファンドは主要投資銀行に大型案件を持ってくるように大号令をかけたとか、かけないとか。

他方米国に次ぐ経済規模を誇る日本ではどうか。今日の日経の記事でも、今後大型ファンドが上陸、、としているものの、正直まったくそのような雰囲気ではない。ちなみにちょっと前のFTの記事では、日本を除くアジアのbuyout市場の飽和状態を報じていた。これはアジア通貨危機に端を発した数々のturn around案件にて驚愕すべきリターンを挙げることに成功した投資ファンドに対して、世界的なcapital surplusの環境もあいまって、巨額の資金流入が相次ぎファンドが大型化した。他方これに見合う案件フローは供給されず、ファンドは苦労している、、、といった内容だ。だが足元の日本の案件フローの少なさはこの比ではない。

これは何故だろうか、どうにも理解できない。もちろん理由は一つではないだろう。M&A関連の法整備の未熟さ、株主軽視の風土、外国資本への漠然とした恐れ、「買収」という言葉へのイメージの悪さ、しかしどれも一定の説得性はあるものの、本邦市場がここまで欧米諸国に対し見劣りする理由としての決定打に欠ける。是非みなさんの意見を伺いたいものだ。
[PR]

by flautebanker | 2005-08-11 01:17 | business


<< 8月10日(水)      気になるもの①~エムズシステム... >>