2005年 08月 31日

フルート

e0040531_1113724.jpg

なんか最近どんどん内容が金融からそれているような気もするが、まぁそれはよしとして、私は実はフルート奏者だ。といってももちろんプロではなく、単なるアマチュア奏者です。
小学6年生の時から吹いているので、吹き始めてからかれこれ20年「前後」が経つ。
(ちなみにフルートは子供用の楽器とかはないので、ピアノやヴァイオリンのように3歳から、、とかいうのは不可能なんです)

正直飽きっぽい私だが、このフルート、そしてオーケストラでの演奏はまったく飽きることがない。演奏会は小さいのも含めて年間4-5回はやってきたから、もう100回近いのかも。米国にいたころのLos Angeles Junior Philharmonic Orchestraが初めてのオーケストラで、それを皮切りにいくつものオーケストラで吹いてきた。

フルートのような管楽器は弦楽器のようにみんなで同じ旋律を演奏するというスタイルではなく、多くても3-4人の奏者がそれぞれ独立した旋律を演奏する。当然首席奏者にはいわゆる「ソロ」が与えられていて、仕事では味わえないなんともいえない緊張感につつまれることになる。ベタな表現だが、「もう心臓バクバク」状態だ。
ただし曲によってはソロが多かったり、逆に少なかったりして、演奏会の曲目を決める際には一喜一憂があったりする。

そんなソロの中にも、非常に綺麗な旋律だったり、それこそ他の人が完全にお休みで、オーケストラで演奏するのが自分だけになっちゃう、みたいなものまである。そういうソロを我々は「おいしい」と表現するわけだが、数あるクラシック音楽の中に、フルート奏者にとって「おいしい」曲は多数ある。
ただ「おいしい」には好みも問題もあるし、やたら超絶技巧を求められたりする場合もあったりするので各人にとって様々。もちろん目立つということでは共通しているのだが。

これまで何曲も「おいしい」曲を吹いてきたわけだが、頻繁に演奏されるメジャーな曲にもかかわらず、自分が未だに吹けていない「おいしい」曲がある。

クラシック音楽をあまりご存知のない方には、なんのこっちゃという感じでしょうが、あえて書くと、
- ドヴォルザーク 交響曲第8番
- ブルックナー 交響曲第7番
- ブラームス 交響曲第1番
- ラヴェル 「ダフニスとクロエ」
- ビゼー 「カルメン」 「アルルの女」
- Rコルサコフ 「シェエラザード」

そんな中、ついに今般「シェエラザード」を吹くことになりました!
かなり技術的にはしんどい曲ですが、もうソロのオンパレードの曲です。
とても綺麗な曲なので、ご存知のない方は是非聴いてみてください。

いずれにしても最低でも上の曲を全部吹かないとオケはやめられんな、と思う今日この頃。
[PR]

by flautebanker | 2005-08-31 23:32 | music


<< 9月2日(金)      8月29日(月) 病人、遭難す。。。 >>