2005年 09月 12日

9月12日(月)  驚愕の選挙結果

9月5日のエントリーに友人二人が出馬していることを書いた。金融マンとしてこの選挙結果を受けて、今後の政局、ひいてはそれがマーケットに与える影響云々を書くべきなんでしょうが、今回はそんなことよりも彼らの戦いが気になってしまう。
一人は次のステップを見据えての出馬であり(比例代表)、もう一人は前回も敗れている都市部--小選挙区での戦い。正直二人とも落選という可能性はかなりあったはずだが、小泉旋風はなんと二人とも当選させてしまった!一人は約5千票という僅差で小選挙区できっちり勝利!そ、そしてもう一人も小選挙区での怒涛の当選ラッシュのおかげで、どっからどうみても当選するような順位ではなかったのに(失礼!)当選。す、すごすぎる。得票数の総数では見ると実はそれほどには差はついていなかった自民、民主だが、、、、小選挙区制っていうのは怖い。

今まで生活に直結するような事柄を決めている政治の場との接点は、実態的にはメディアを通してだったのが、これでぐっと近づいた気がする。

それにしても小選挙区制のマジックを見ると同時に、安定多数を一回獲得してしまった政党に歯止めをかける手立てはないんだなぁと、改めて議会制民主主義の怖さも感じる。曖昧模糊なマニフェストの逸脱しない範囲であればなんでもできてしまう。もちろん大増税も。誰も止められない。
[PR]

by flautebanker | 2005-09-12 23:38 | diary


<< 小澤征爾とロストロポーヴィチ      9月9日(金) >>