投資銀行家への道

flbanker.exblog.jp
ブログトップ

2005年 12月 01日 ( 2 )


2005年 12月 01日

Found it! -- フルート名奏者と高木綾子さんのblog --

ちょっとマニアックな話になりますが、フルートの世界にも名奏者というのが何人かいます。巨匠クラスでいうと、Jean=Pierre Rampal(故ジャン=ピエール・ランパル)や、James Galway(ジェームス・ゴールウェイ)で、最近ではベルリンフィルの現首席奏者であるEmmanuel Pahud(エマニュエル・パユ)等々。

余談ですが、パユは王子様のようなルックスも手伝い、日本の女性に大人気で、以前CDを買ったら、プロモーションビデオがついてきました。それだけでもクラシック音楽では十分異例ですが、中身はというとパユが上半身裸でプールサイドで和んでいるという驚愕の内容・・・(^_^;

e0040531_154263.jpgそんな中何年か前に高木綾子さんという女性フルーティストが現れました。
(詳しいプロフィールは後記)

彼女は最近の日本のクラシックのトレンドであるビジュアル系(!?)でも十分通じるルックスを持ちながらその実力は本物。生演奏はまだ聴くチャンスに恵まれてませんが、CDで聴く彼女の演奏は本当に素晴らしいです。芯のある繊細かつ力強い音色に、表情に富んだ演奏で、それは一フルート奏者を超えた「音楽家」のものです。


そんな彼女のblogを発見!!
http://yaplog.jp/takagiayako/

blogって不思議ですね、なんとなく親近感が沸いちゃいます。


=============Profile=============
 高木綾子は、圧倒的な集中力と深い音色で、聴衆を作品世界にひきずりこむ。フルート界に待望久しかった大器として、今最も注目を集めるアーティストである。

 愛知県豊田市生まれ。3歳よりピアノ、8歳よりフルートを始める。東京芸術大学付属高校、東京芸術大学を経て、現在同大学院3年に在学中。これまでにフルートを西村智江、橋本量至、G.ノアック、小坂哲也、山崎成美、金昌国、P.マイゼンの各氏に、室内楽を岡崎耕治氏に師事。

 高校、大学在学中よりその実力は高く評価されており、全日本学生音楽コンクール東京大会第1位(1995年)、大学内にてNTT Docomo奨学金を受け、安宅賞(1997年)、宝塚べガコンクール優勝(1999年)、日本フルートコンベンションコンクール優勝、併せてオーディエンス賞(1999年)、第17回日本管打楽器コンクール、フルート部門第1位及び特別賞(2000年)、第70回日本音楽コンクールフルート部門第1位(2001年)、パリで行われたジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクールにて、1位2位なしの第4位(2001年)、第12回新日鐵音楽賞フレッシュアーティスト賞(2001年)など多数の受賞歴を誇る。

 一方で、大学在学中より本格的な演奏活動を開始。これまでに国内主要オーケストラとの共演はもとより、新イタリア合奏団、シュトゥットガルト室内管弦楽団、ミラノ・スカラ弦楽合奏団、パリ室内管弦楽団の日本ツアーのソリストとして同行。さらに各地でのリサイタルや室内楽の演奏会にも出演している。

 CD録音も活発に行っており、 2000年、日本コロムビア(現コロムビアミュージックエンタテインメント)よりCDデビュー以来、8枚のCDをリリースし、いずれもが話題を呼んでいる。


(2005年6月現在)
[PR]

by flautebanker | 2005-12-01 00:47 | music
2005年 12月 01日

Quit smoking -- 禁煙 --

前にも書いたとおり、医者から「近い将来補聴器をつけることになる」という警告もあったので、タバコをそれ以来やめてます。これまで10年以上にわたって吸い続けてきたこともあり、さすがにしんどいかなと思いつつ、これまでは順調です。我慢できなくなって吸ったことはないですね。もう3週間くらいになります、やめてから。数日前に一本試しに吸ってみましたが、猛烈に気分が悪くなったこともあり、もう体がタバコを受けつけない体質へと変貌をとげたんでしょう(多分)。よくタバコをやめると食べ物が美味しく感じるようになる、と言われてますが、これは「True」。もう1ヶ月以上続けてる青汁効果もあってか、食べ物がものすごく美味しいです。間違いなく太りますね、こりゃ。

e0040531_23424739.jpgただちょっと気になることが。タバコは欲しくないものの、やはり一服するときの「間」みたいなものは恋しいのは事実です。そんな中、薬局にいき禁煙グッズを全部みせて欲しい、とお願いしたところ出てきたグッズの中に「Neo Cedar」(ネオシーダー)なる商品が。これは外見はまったくタバコと同じで、タバコのように火をつけて、煙を吸い込むと、喫煙者のせきを鎮め、痰をのぞく効果があるといわれている商品で、なんと医薬品です。調べたところによると、千葉県市川市のアンターク本舗なる会社が1959年(!)に国の承認を受けて製造しているそうです。パッケージを読んでもニコチンやタールなどの表記は一切なし。もちろん吸ってもタバコのような味わいは皆無ですが、なんとなく吸ってる気分にはなります。こりゃいいなということで、たまに吸ってます。

と・こ・ろ・がです。

何気なく「ネオシーダー」でググってみると、出るわ出るわ恐ろしいサイトが。真実はよく分かりませんが、最近このネオシーダーにニコチン及びタールが含まれている、ということが判明したそうです。とあるサイトによれば、公的な検査機関に依頼した分析では、一本のニコチンは軽いたばこの5分の一程度、タールはセブンスターより多かった、とのこと。

全然禁煙になってませんね・・・・・。
それにしてもパッケージにはニコチンの「ニ」の字もないのに。恐ろしいことです。
別のサイトにこの商品を製造しているアンターク本舗の黒須浩二社長のコメントなるものが。

「ニコチンやタールが、少量含まれていることは、近年判っていた。しかし、薬事法上、(効能に関係する)承認事項以外は表示できないと考えていた。法的に可能なら誤解を防ぐ表示をしたい。”ということです。 」

ありえない・・・・。

e0040531_004493.jpg何日か前に朝早くタクシーに乗ったら、運転手が「今日一番最初のお客さんなので、どうぞ、プレゼントです」といって手渡されたのが、これ→
当分はこれですね。運転手さん、ありがとう!
[PR]

by flautebanker | 2005-12-01 00:03 | diary