カテゴリ:diary( 56 )


2006年 01月 10日

竹中内閣?

小泉首相の後継レースは年を明けて、にわかに盛り上がってますね(少なくともマスコミ報道上は)。マスコミ各社は候補と呼ばれる人達の年始のコメントの一字一句からなんとか「出馬宣言」に結びつくようなタームを汲み取ろうと必死ですね。結果、相当強引な解釈による○×氏の「出馬宣言」報道が相次いでおります。ただコンセンサスとしては、昨年12月に小泉首相が外遊先のマレーシアで安倍官房長官に対して、「チャンスはそう来ない。逃げたらだめだ。」という発言をしたことで、ほぼ内定ということになっているようです。

e0040531_244454.jpgそれでも消えないのが「竹中内閣観測」です。TV出演時に、「歌手のすべてがレコード大賞を目指しているとは限らないでしょう。別の道を目指す歌手がいてもいいでしょう」なんて言い切ってますし、最近も「ありえません」と完全に否定してます。とはいえ今やなんでもありの政界ですから、学者出身で、参議院議員である竹中氏が最後の最後で出馬するなんてことは十分ありえる話でしょう。

個人的には、竹中内閣は「あり」だと思ってます。それはテクニカルに可能かどうかという議論ではなくて(安倍氏が次の次の総理を狙っているからそのつなぎで、とかいう議論)、派閥に属さず、良くも悪くも「しがらみ」のない彼が総理になったら面白いなというレベルの話です。賛否両論はあったものの、彼があそこまで銀行を追い詰めた結果、それまで遅々として進まなかった不良債権問題が一応の解決をみたのは事実です。そんな彼が首相として辣腕を振るったら、、と考えるだけでも色々と期待を抱かせる感じではあります。

はたから見ても極めて合理主義者の小泉首相は、悪く言えばドライです。究極的には自分の推し進めた路線を継承することが彼の中で確認できさえすれば、極端な話、後継者は誰でもいいんじゃないかなと思います。となれば、小泉首相と共に一心同体で改革を進めたきた竹中氏はそういう意味では一番の適任者なのかもしれません。

今では政治家以上に政治家らしい竹中氏のこと、権謀術数はお手の物かもしれません。となれば、「自分から意欲があると言ったら潰される。だから今はひたすらその意思は絶対に表には出さず、その一方で小泉改革の継承者であること十分アピールしていれば、誰かが自分を担ぐ局面があるはず。自分が首相になるにはこれしか可能性がない・・・・」くらいのことは考えるでしょうね。

いずれにしても最近報道されている山崎氏とか武部氏などは勘弁してほしいところです(笑)。
[PR]

by flautebanker | 2006-01-10 02:11 | diary
2005年 12月 26日

gourmet!? --冬の肥満化運動--

タバコをやめて以来、飽食の日々が続いております。とにかく食べ物が美味しい!
いかんと思いつつ、やれ忘年会だ、Xmas Partyとだと私のカロリー摂取スピードはその勢いを増すばかりです。せっかくですので、今後の自戒の意味も兼ね、ここ数週間の私のグルメぶりをご紹介してまいります。

まず白金の「Luxor」。私は初めて行きました。 この店メディア露出も盛んで、"かのマリオ・フレッテリのお店"と紹介されてますが、この人そんな有名な人なんでしょうか??

e0040531_1234645.jpgお次は「ahill」。ここは私のお気に入り。日赤通りにあります。フレンチ鉄板焼きということらしいですが、ここのお肉はもちろんのこと、「白子」が本当に美味。有名な「焼きカレー」も見事です。それにしてもここのシェフ、最近TVに出すぎ!?
e0040531_1295572.jpgさて鉄板焼きということでは他にも行ってます。六本木の瀬里奈の鉄板焼き店、「Mon cher ton ton (モンシェルトントン)」。連れていった外人のボスも大満足。加えて帝国ホテルの「嘉門」。ここはスタンダードな鉄板焼き屋ですね。
まだまだあります。麻布十番の焼き鳥屋で「鳥善 瀬尾」。ここの「ちょうちん」は絶品です。白金にあるお好み焼きの「甚六」。味はともかく雰囲気が良いですね。

e0040531_1583551.jpgあ、そうそう久しぶりに老舗鰻屋の「野田岩」、にも行きました。本当にあり得ないくらい美味しいですね。
あと愛宕の「XEX愛宕」、六本木ヒルズの「An」、白金台の「MARINA DE BOURBON」なんかも行きましたね。もっともここら辺は特段のコメントなし。

e0040531_1514778.jpgそしていつも期待を裏切らないホテルオークラの「「桃花林」」。個人的には中華料理ではここが一番好きだし美味しい。
「しゃぶ禅」の六本木店。久しぶりに行きましたが、ここ移転したんですね。知りませんでした。後オーケストラの先輩におごらされた(!?)丸ビルの「醍醐味」。まったく期待せずに入った店ですが、なかなかよろしい。

そして最後ですが、多分今年最大の収穫。寿司の「たなべ」です。会社の同僚に教えてもらいました。とある住宅地にあるひっそりと佇む寿司屋ですが、半端なく美味です。私はあまり酒を飲まない人種ですが、それでも次々と出てくる肴の数々は本当に素晴らしいです。もちろん握りも。あまりに美味しいので、無理を言ってお節も頼んでしまいました。すごく楽しみです。

それにしてもこれだけ乱食して糖尿病にならなかった自分に拍手を送りたいですね。
Bravo
[PR]

by flautebanker | 2005-12-26 01:09 | diary
2005年 12月 18日

Illumination 2 -- 街のXmas Tree --

Santa's Cookies

追加しました。どこのtreeか分かりますか??

e0040531_23472421.jpg

e0040531_23473371.jpg

e0040531_2348286.jpg



e0040531_2292189.jpg

e0040531_2293465.jpg

e0040531_2295578.jpg


e0040531_230936.jpgどこもかしこもChristmas Treeですね。
[PR]

by flautebanker | 2005-12-18 23:33 | diary
2005年 12月 15日

タバコ増税 --関係ないもんね~--

タバコはやめた私には関係のない話です!

たばこ増税、1本1円案が浮上・与党が調整
 与党は14日、来年度税制改正でたばこ税を引き上げる方向で調整に入った。1本あたり約7.8円の税額を1円上げる案が浮上。来年度予算案で国債発行を30兆円に近づける小泉純一郎首相の方針を踏まえ、税収増が必要と判断した。15日にまとめる与党税制改正大綱に盛り込み、2006年度からの実施を目指す。

 自民党税制調査会(柳沢伯夫会長)は14日午前の正副会長・顧問会議で対応を協議。出席した谷垣禎一財務相は「財政再建のためにたばこ税収の増加が必要だ」と要請。会合後、柳沢会長は記者団に「現実の動きとしては認めざるをえない」と語った。



e0040531_0174663.jpgそれにしても依然タバコの安い日本です。
イギリスにいったら£5とかですから、それこそ千円くらいですもんね。
こんな報道もありました。

1箱500円なら51%が「やめる」
禁煙広報センター(東京都中央区)は14日、禁煙行動とたばこの価格に関するアンケートの結果を公表した。
 全国の喫煙者1980人を対象に今月2~4日、インターネット上で実施。禁煙のきっかけとして考えられることを複数回答で尋ねたところ、最多は「自分の強い意志」(59%)で、2位は「たばこの値上げ」(55%)だった。喫煙が健康に悪いという自覚を持っている人は83%に上った。
 現在の1カ月のたばこ代の平均は8540円で、今の価格を「高い」と思う人は64%。最近の値上げは03年7月1日の1本1円で、この値上げ前の02年調査時(56%)より増えた。
 1箱(20本)いくらなら禁煙するかについては、500円で51%、1000円では73%が「やめる」と答えた。400円では24%、300円では4%に落ちる。自民、公明両党は14日、たばこ税の引き上げを決めた。実施されれば代表的な銘柄では1箱290円となる。同センターは「調査結果をみると300円では禁煙行動に結びつかず、まだまだ手ぬるい」と話す。


イギリス並みの値段にすれば73%がやめると言っているわけです。それでも税収は増えるかもしれませんね。喫煙者の73%が本当に減少し3割になっても、税金は軽く3倍以上になりますからね。どこかに最大化できるマージナルポイントがあるんでしょうね。
[PR]

by flautebanker | 2005-12-15 23:39 | diary
2005年 12月 09日

America's Safest and Most Dangerous Cities

e0040531_236411.jpgちょっと前になりますが、全米の最も安全な街、危険な街のランキングが発表されてました。
http://www.morganquitno.com/safecity.htm
もっとも時間もなく詳しく読んではないので、その集計方法や、このランキングを発表しているMorgan Quinto Pressなる会社がどんなところかまったく知りません。
ざっくりいえば人口7万5000人以上の全米の各都市を対象に、犯罪率などの犯罪統計を基に作成したランキングだそうです。で、今年の最も危険な街はNew Jersey州のCamden。この街、私自身は行ったことないですが、2年連続で1位だそうです。なにやら昨年1位になってしまって以来、治安回復を目指し州が1億7500万ドル(!)も投じて、治安回復に努めたそう。その結果重罪の発生件数が前年比18%、殺人件数も45%減となったそうですが、それでも1位。無念でしょうね。それにしてもこれだけ犯罪が減っても1位とは、以前はどんな街だったんだか・・・・。HP(http://www.ci.camden.nj.us/)を見てる分にはそんなことは微塵も感じさせませんけどね。

e0040531_2483240.jpg一方、最も安全な都市の1位はMassachusetts州のNewton。そう先月Bostonに行きましたが、かつて私が住んでいた街、Wellesleyの隣町なんです!どうりで平和な街なわけだ!
Policeman
[PR]

by flautebanker | 2005-12-09 02:52 | diary
2005年 12月 04日

Illumination --六本木ヒルズ--

Seasons Greetingse0040531_23383786.jpg
あまりこういう人工的なイルミネーションは好きではないのですが、先日行った六本木ヒルズがあまりに煌びやかだったのでつい。
世の中クリスマスへまっしぐらですね。

e0040531_2339614.jpg

[PR]

by flautebanker | 2005-12-04 23:39 | diary
2005年 12月 01日

Quit smoking -- 禁煙 --

前にも書いたとおり、医者から「近い将来補聴器をつけることになる」という警告もあったので、タバコをそれ以来やめてます。これまで10年以上にわたって吸い続けてきたこともあり、さすがにしんどいかなと思いつつ、これまでは順調です。我慢できなくなって吸ったことはないですね。もう3週間くらいになります、やめてから。数日前に一本試しに吸ってみましたが、猛烈に気分が悪くなったこともあり、もう体がタバコを受けつけない体質へと変貌をとげたんでしょう(多分)。よくタバコをやめると食べ物が美味しく感じるようになる、と言われてますが、これは「True」。もう1ヶ月以上続けてる青汁効果もあってか、食べ物がものすごく美味しいです。間違いなく太りますね、こりゃ。

e0040531_23424739.jpgただちょっと気になることが。タバコは欲しくないものの、やはり一服するときの「間」みたいなものは恋しいのは事実です。そんな中、薬局にいき禁煙グッズを全部みせて欲しい、とお願いしたところ出てきたグッズの中に「Neo Cedar」(ネオシーダー)なる商品が。これは外見はまったくタバコと同じで、タバコのように火をつけて、煙を吸い込むと、喫煙者のせきを鎮め、痰をのぞく効果があるといわれている商品で、なんと医薬品です。調べたところによると、千葉県市川市のアンターク本舗なる会社が1959年(!)に国の承認を受けて製造しているそうです。パッケージを読んでもニコチンやタールなどの表記は一切なし。もちろん吸ってもタバコのような味わいは皆無ですが、なんとなく吸ってる気分にはなります。こりゃいいなということで、たまに吸ってます。

と・こ・ろ・がです。

何気なく「ネオシーダー」でググってみると、出るわ出るわ恐ろしいサイトが。真実はよく分かりませんが、最近このネオシーダーにニコチン及びタールが含まれている、ということが判明したそうです。とあるサイトによれば、公的な検査機関に依頼した分析では、一本のニコチンは軽いたばこの5分の一程度、タールはセブンスターより多かった、とのこと。

全然禁煙になってませんね・・・・・。
それにしてもパッケージにはニコチンの「ニ」の字もないのに。恐ろしいことです。
別のサイトにこの商品を製造しているアンターク本舗の黒須浩二社長のコメントなるものが。

「ニコチンやタールが、少量含まれていることは、近年判っていた。しかし、薬事法上、(効能に関係する)承認事項以外は表示できないと考えていた。法的に可能なら誤解を防ぐ表示をしたい。”ということです。 」

ありえない・・・・。

e0040531_004493.jpg何日か前に朝早くタクシーに乗ったら、運転手が「今日一番最初のお客さんなので、どうぞ、プレゼントです」といって手渡されたのが、これ→
当分はこれですね。運転手さん、ありがとう!
[PR]

by flautebanker | 2005-12-01 00:03 | diary
2005年 11月 20日

Health 2 ---診断結果&禁煙・・・--

e0040531_2294420.jpg仕事も順調。青汁の効果か、体調もすこぶる良好。あとは耳の調子だけです。一向に治る気配を見せない耳に危機感を覚えた私は、会社の同僚(上司)から聞いた天現寺付近の耳鼻科へセカンドオピニオンを取りに行きました。というよりも最初の先生はマルにしたわけです。

診断結果はともかく、ここの先生は本当に素晴らしいです。説明は恐ろしく丁寧かつ詳細で、全部紙に書いてもらって持たされます!さらにいえば、冗談抜きでこの先生は耳と鼻が人生において何よりも重要なことと考えていらっしゃいます(笑)。ちなみにこの先生、驚くほど英語が達者で、外人さんの患者さんも多い様子。


さて診断結果について。最初の先生は航空性中耳炎についてのみでしたが、この先生曰く、、、
そもそも私の右鼻(耳ではなく)はⅠ型性アレルギー遺伝子による小児喘息を患ったこともあることから元来粘膜が弱く、これにこれまでの喫煙が影響し現在「うっ血性副鼻腔炎」になりかけている。いわゆる「蓄膿症」ですね。これによって鼻の粘膜が弱いことから鼻水がでやすく、結果として航空性中耳炎になりやすいと。かなり衝撃的ではありますが、さらに医者は続けます。このまま放っておくと、5年から10年の間に強烈な口臭いびきが発生し、右耳は補聴器が必要になる。下手をすると右目も視力も著しく悪化・・・。と、相当脅されたわけです。
というわけで絶望の淵に追いやられた私は、先生にその回避手段をすがるように聞くわけですが、「禁酒」&「禁煙」がマストとのこと。。。。。

e0040531_2354524.jpgガーーーーン。。。
あまり酒を飲まない私にとって禁酒は大したことはないんですが、禁煙は・・・。とはいえ大好きな音楽と天秤にかけたら結論は揺るぎようがないので始めましたよ、禁煙。もうかれこれ5日間くらいが経ちますが、今のところ平気です。一本も吸ってません。ただその間色々葛藤、苦しみ、発見もあったので、それはまた次回に。
[PR]

by flautebanker | 2005-11-20 02:40 | diary
2005年 11月 13日

Health --青汁など--

e0040531_22501855.gifこれまで正直あまり健康について真剣に考えてきませんでしたが、最近疲れがなかなかとれないことも多く、そこである人に勧められた「青汁」を飲みはじめてました。もうかれこれ3週間、ほぼ毎日飲み続けてます。当初は半信半疑でしたが、その効果は絶大ですね。青汁に含まれる「ケール」という成分についてあまり詳しくないですが、店員の説明によれば、成人が摂るべき野菜に含まれる成分の8-9割をこの一杯で摂取できるらしい。
というわけで驚くほどに体調がいいです。もっとも味はかつてのコマーシャルじゃないですが、相当不味いです。でも人間慣れるものですね。今はさほど苦労せず飲めます(といっても青汁のコップとお茶のコップを両手にとり、リレーで飲みますが・・・)。聞けば、豆乳とレモンなどを併せて飲んでいる人もいたり、皆さん色々工夫しているようですね。まぁ工夫したくなる味ではある。。。

というわけで全般的にはすこぶる体調の良い私ですが、一点大問題が起きてます。ここのところ飛行機に乗ることが多かったのですが、鼻風邪気味で乗っていたこともあり、離発着時の気圧変化に堪えられず、ついに航空性中耳炎にかかってしまいました。とにかく耳が聴こえません。私は音楽をやっていて、比較的耳が鋭敏なのでなおさら。本当に気になって仕方ありません。医者に行ってなんかありとあらゆる管を鼻に挿入して(しかも深く!)吸い出してますが、治らず。鼓膜に穴まで開けてるんですけどね(ちなみに「グシャ」っていう鼓膜に穴を開ける時のなんとも言えない音はきっと一生忘れない・・・)。とにかく、当時風邪気味であったことから、結構重症のようです。ツイてない。
皆さんもお気をつけて。
[PR]

by flautebanker | 2005-11-13 23:14 | diary
2005年 11月 05日

Reunion! --政治の世界--

先日高校時代に所属していたオーケストラの仲間と久しぶりの同窓会。
場所は六本木の巨牛荘にて。ここのプルコギは美味しいですね。ちなみに天声慎吾のロケをやってたようで、香取慎吾・ウドちゃんに遭遇。あれ?天野君は??
e0040531_23471260.jpgそれはともかく、10年以上振りに会う仲間もいて、本当に懐かしかった。それにしても皆表情が生き生きとしていたのは印象的だ。30過ぎの我々は仕事もプライベートもこれまでで一番忙しく消耗している時期だし、結構皆疲れている(くたびれている?)かと思いきや、意外や意外、そんなことはまったくなく、皆それぞれ充実している様子で気力十分。頼もしい限りだ。
私もここのところ私生活においていくつか転換期を迎えているので、こうやって充実している皆との会話の中から様々な生き方に関するインプリケーションを得たような気がする。

我々を結びつける要素は大学とオーケストラだけなので、当然職業も様々。私のような金融畑からメーカー、弁護士、航空会社等々。そして以前にも書いたが、本日のメインディッシュは国会議員!彼とは先の衆議院選挙で当選して以来初めて会うが、彼のナマの政治話は文句なく興味深い。

e0040531_0244552.jpg

ここで書くことできないが(ちなみに週刊誌に持ち込めばカネになりそうなネタ満載です!)、政治の世界は外から見るのと、実際にそこに身をおいて見るのとではかなりギャップがある世界だなと感じた。日本という国はとかく政治家に対して(官僚もですかね)仙人のような姿を期待してしまう風潮があるが、彼らも人間。そこで繰り広げられる様々な出来事は本当に人間くさいものだった。また我々はどうしても政治家にはダーティなイメージが先入観としてあり、確かにそのような側面もあるのかもしれないが、話を聞く分には使命感を持って国政に身を投じている先生方が大半のようだ。それだけにもっと彼らの日々の仕事ぶりを臨場感を持って伝えることができれば我々の彼らに対するイメージは劇的に変わるに違いない。それを怠っている彼らにも責はあるとも思うが、それ以上に些細なことをさも面白おかしく伝えているマスコミにも相当責任がある。このブログをお読みいただいている聡明な皆さんの中には、マスコミは某新人議員の面白コメントを日々流している状況じゃないだろう、という感じる方は決して少なくないはずだ。

それにしても彼のスケジュール、仕事量はハンパではなく、いかに効率性を高めるかが、keyのようだ。一日でこなすアポは数十件(!)だそうだし、それに加えて大量のペーパーワーク。そりゃ分刻みにもなるよな。。。そういった意味で秘書の果たす役割は極めて重要であるという印象を受けた。

彼も次の選挙が正念場。かつての仲間として精一杯の応援をしてあげたいと思う。そして金融の現場に身を置く者として、彼を通じて少しでも日本のマーケットが理想に近づけるよう、私も精一杯のことをしたいと思う。
[PR]

by flautebanker | 2005-11-05 23:44 | diary