カテゴリ:diary( 56 )


2005年 09月 07日

9月6日(火)

かつていっしょに仕事をした英国の法律事務所の、ロンドンにいるパートナーが来日。今日は我々のチームをディナーに招待してくれた。店はIl Mulino。来るたびに翌日胃がもたれるものの、やはり美味しい。ちなみ5月の初めにも一度来たが、そのとき偶然にも小泉首相がいた。これはびっくり。六本木ヒルズで映画「shall we dance」を鑑賞した後立ち寄ったらしい。SPに囲まれ、なんとも落ち着かない雰囲気でのディナーになってしまったが・・・。

彼らはM&A専門のlawyer。そんな彼らが言うには今年の欧州のM&Aマーケットは非常にアクティヴで、「フランス人が休暇を返上するくらい」忙しいと言っていた(笑)。それにしてもmondenlondonさんも書いていらっしゃるように、イギリスをはじめとする欧州各国のM&Aにかかる法制度には驚かされる。どちらが厳しいとかそういう議論ではないのだが、そもそものコンセプトがまるで違う。突き詰めていくと、Boardとshareholderの諸権利の帰属の違いだろうか。ただ個人的には対株主への透明性という観点においては、欧州各国の制度が勝っているような気がするものの、効率性では劣るような気がする。が、これも市場の透明性を担保するための必要コストだ、という哲学なんだろう。ライブドアの一件がブレークスルーとなって、日本においてもM&Aにかかる諸法整備がようやく始まった感があるが、mondenlondonさんはそもそも本邦ルールが未整備なままで放置されていた原因として、日本の株式も持ち合い制度をあげていらっしゃる。私個人的には、護送金融船団方式に基づく間接金融支配によって資本市場の発展が妨げられ、本来市場に鍛えられるべき法制度がぬくぬくと何ら成長・進化することなく今日まで来てしまった、ということではないだろうかと思っている。
それにしてもTOBをローンチするにあたって、financeは原則完了していることが求められる欧州ルールは、投資銀行にとってはしんどい。それと比較すると本邦ルールの何と楽なことか。
[PR]

by flautebanker | 2005-09-07 00:59 | diary
2005年 09月 05日

9月5日(月)

選挙戦も終盤だが、今回の衆議院選挙、私の高校の同級生がなんと2名も立候補している。偶然にも二人とも金融機関出身だ。よくよく見れば今回の立候補者の中で金融機関出身は非常に多い。史上最多ではなかろうか。やはり同業出身ということもあり、親近感がわく。そんな金融機関出身の議員さんが、先般の新会社法における「擬似外国会社」の議論で大活躍されたのは記憶に新しい。
ちなみに私の同級生の内、一人は次のステップを見据えての出馬なので、正直当選は難しいかもしれないが、もう一人はいい勝負だ。可能性はある。心から応援したい。

そういえば新会社法についてまだ勉強していない。。。どなたか良い本を紹介してくれませんかね。。。
[PR]

by flautebanker | 2005-09-05 23:08 | diary
2005年 09月 03日

9月2日(金)

ずっととりかかっていた作業も完了。余裕をもって進めていたはずなのに、結局最後はばたばた。反省点は多い。

夜は友人と麻布十番の「七尾」でディナー。
ここは2回目だが、本当においしい。

今週も色々な話があった。すぐに消えてしまうような話もあるが、この中の一つでも実現する案件があればいいのだが。。
[PR]

by flautebanker | 2005-09-03 10:01 | diary
2005年 08月 30日

8月29日(月) 病人、遭難す。。。

今日は発熱でダウン。誰に移されたんだろうか。いずれにしても本当に社会人として情けない限り。

朝、かかりつけの医者に向かうも、なんと休診。
行くあてのない私はとりあえず駅の方にいけば、内科くらいあるだろうと高をくくり、炎天下の中ふらつきながら歩くも、な、ない・・・・。
いい加減足元がフラフラしてきた私は仕方なく交番にかけこみ相談するが、、、以下やりとり。

More
[PR]

by flautebanker | 2005-08-30 21:15 | diary
2005年 08月 27日

8月26日(金)

ばたばたした1週間も今日で終わり。アメリカ人の合理主義的な考え方を改めて痛感させる1週間だった。

それはさておき、今日は私の高校時代の後輩主催(Cちゃんお誘いありがと~!)の、同じ大学出身で外資系金融で働いている人の飲み会。
(当初30歳までの縛りだったらしいが、私の同期が強引に!?35まで広げたらしい。good catch!)
こういう集まり初めてだが、数年ぶりに会った人もいて、なかなか楽しかった。5-6社から20人くらいいただろうか。それにしても良くも悪くも結束の固い大学だな~と感じた。でもこうやって同業の仲間の知り合いが増えることはいいことだ。この中の誰かと将来同じ会社で働くことも十分ありえるしね。ちなみに店もなかなかgood。また行こうかな。

今日は飲み会をはしご。その後の友人との語らいも存分に楽しんで、帰ったの頃にはもう太陽が・・。

嗚呼、この週末で歳をまた一つ食ってしまう。
[PR]

by flautebanker | 2005-08-27 16:30 | diary
2005年 08月 25日

8月24日(水)

ここ数日直接儲け話ではないものの、ばたばたと忙しい。とはいえ、仕事は仕事。きっちりやり遂げないと。

今日前の会社(日系の投資銀行)でいっしょだった先輩(S氏)とランチ。S氏は同じ高校、大学ということもあり、かつてのチームメイトの中でも一番近しいと思っている(勝手に?)。
彼を含めて数人かは、かつての職場で色々な意味で苦楽を共にした仲で、そのときの話を始めるとみんな今でも止まらない。おびただしい数のエピソードがあり、もう何年前にもなるにもかかわらずその記憶は鮮明だ。本当に皆様にお伝えしたいのだが、いかんせん内輪ネタなので。。。本当にありえない職場環境ではあったものの、腐らずにやれたのもS氏をはじめ優秀な先輩がいたからだ。私は当時末席(日本風に言えば)であったが、当時吸収したものは今でも生きている。しかし思えば、生意気な後輩であったと思うが、みなさん本当に寛容な方々だったなぁ・・・としみじみ。そんなチームメイトの過半は外資へ転職し、みんながんばっているようだ。S氏は現在とある投資会社におり、大活躍だ。

色々話したが(くだらない話も多いのだが、それもまた良し)、バイサイドにいるS氏との会話はいつも刺激的だ。そんな彼との会話において、日本はマクロ的に色々な意味で潮目が変わってきているステージにあるなという点で意見が一致した。特に外国人投資家の動向に微妙な変化の兆しがある。政府は「景気の踊り場」を脱却したと宣言したが、ある意味それは正解。しかし踊り場の次にあるものは決してバラ色の上昇トレンドではないと思う。すべてがメルトダウンするような危機が近い将来あるとは思えないが、デフレ脱却の最終局面において、「浄化作用」の副作用としての淘汰はまだ終わってないし、やはり実体経済に沿った金利上昇が起きたとき、その流れは加速すると思う。最後の一波はきっと来る。それに耐えられるか、今後10年を決定づける最後の正念場かもしれない。
[PR]

by flautebanker | 2005-08-25 01:14 | diary
2005年 08月 17日

8月17日(水)

今日は案件の事後管理系の仕事をこなしつつ、同業の人とマーケットについてしばし情報交換。現在取り組み中の案件の概要、それと最近クローズした案件について、いくつか興味深い話が聞けた。やはり当事者でないと分からないことは多し(当たり前だが)。


今日の新聞でちょっと目をひく記事あり。


東京コンサル、仏領ポリネシアでマグロ畜養
 M&A(企業の合併・買収)仲介などを手がける東京コンサルティンググループ(東京・港、前川健社長)は今秋から、タヒチ島を中心とする仏領ポリネシアでマグロの畜養事業に乗り出す。総投資額は約30億円で、うち6割はフランス政府と現地政府の助成金でまかなう。初年度に700トン程度、2010年に1300トンの生産を計画しており、全量を日本向けに輸出する。

タヒチ島に事業会社「ハオ・ペッシュアクアキュルチュール」を設立。資本金は1000万円で、フランスとスイスの投資ファンドが計56%、現地の漁業会社が28%、東京コンサルが15%出資した。前川社長は事業会社の会長に就いた



マグロです。MAの仲介を手がける会社がです。よく読めば出資比率が投資ファンド2社で56%で地元の漁業会社が28%。根拠はないですが、3社で28%ずつなんですかね。ですから、新聞記事はあたかも東京コンサル社が主導している事業のように読めますが(少なくとも見出しは)、そういうことではないんでしょう、さすがに。

しかし本事業は養殖ではなく、「蓄養」とのこと。そもそも聞きなれない単語だ。ちょっと調べてみると、「養殖」は、稚魚から育てたまぐろ。若しくは、卵からふ化させた完全養殖のことを指すのに対して、「蓄養」とは、若魚や成魚(成長した魚)、特に脂の薄い魚を捕らえて生け簀で育てた魚を言う。
ということは、「蓄養」は魚を捕らえる「漁業」とある種「養殖」的な要素を組み合わせたハイブリッド的なビジネスなんですね、きっと。初期投資も2事業分の設備を要するわけですから、相当に儲かるビジネスなんでしょうけど、果たしてマグロに脂肪をつけさせることにそんな付加価値が??

・・・・!そっか(私の勝手な推測ですが)、これはマグロの蓄養、つまり「大トロ」の生産ビジネスなんですね。全量が日本へ輸出。つまりタヒチの安い人件費で生産された「肥えた」マグロを日本人が大枚叩いて買い上げる、つまり魚に対する価値観のギャップに着眼した一種の(クロスボーダー)裁定取引と理解しました。
しかし江戸時代、大トロは食べずに捨てられていた部位だったと思います。いつから日本人はトロ好きになったんでしょうかね。
[PR]

by flautebanker | 2005-08-17 22:43 | diary
2005年 08月 15日

8月15日(月)

今日は昨晩友人と食べにいった焼肉が残ってて体が重い。。。昨日は駒沢の『東京園』。ちょっと値ははるがおいしい。とにかく昔から変わらない安心の味。ちなみに駒沢通りをはさんで向かいにある同じく焼肉の『かぶき門』、本当かどうかは知らないが、この2つの店の経営者は兄弟で、あまり仲が良くないとか。もっとも仲が良くないんだったらもっと遠くで営業すればいいのにと思うのは私だけだろうか。

今日はお盆休み、さほど忙しくもなく、ジムに行ってリフレッシュ!、、、、かと思いきや帰りは激のつく雷雨。帰るに帰れない・・・・。
何やってるんだか。私もandyathomeさんに見習って富士山くらい登らないと。。。無理か。。。。
[PR]

by flautebanker | 2005-08-15 23:47 | diary
2005年 08月 13日

8月13日(土)

今日は午前中から所用で渋谷へ。某大手CDショップでなんと同じ会社のM&AのヘッドであるMDに遭遇。これはびっくり。CDをまとめ買いに来ていたようだ。かくいう私も大量購入。私はかなりの音楽マニアなのです(その話は追々・・)

ついでに携帯電話も変えちゃいました。
実はつい先月Docomoからvodafoneに変えたばかりなのだが、その使い勝手の悪さ(特にメール関連)に絶望感を覚えていたところ、同じメーカーで新機種登場とのことで、思い切って機種変更(だいたい先月変えたときのvodafone六○木のショップの店員、知ってただろー!noticeしなさいと言いたい)。今回のはかなりの部分で改善されており今のところそれなりに満足。vodafoneショップも午前中にもかかわらず結構賑わっていました。それも、みんな同じ機種をお買い上げでした。ここのところ加入者が「純減」していたvodafone、2強1弱体制から脱却なるか??
(ちなみに私は802SHというのから903SHというのに変えました。黒です。)

ブログを始めて以来、色々な方からコメントを頂戴したりする中で、結構な数の同業の方も同様にブログを書いていることを知りました。しかし悲しいかな、情報管理を徹底しなければならない業界だし、各人の匿名性も担保しなければならないですから、具体的なdealの記述はありません。先週もおそらくほとんどの外資投資銀行が注目しているであろう案件に大きな動きがありました。でも当然それに関連したコメントはなく、かえってリアリティがあるなと。同時にこうやって色々な議論を交わしている皆さまもひとたびdealとなれば、ライバルであり、せめぎあいの対象なんだなとしみじみ思ってしまいました。今年もあと4ヶ月半(11月決算の方は-1ヶ月)、がんばりましょうね。
[PR]

by flautebanker | 2005-08-13 23:16 | diary
2005年 08月 11日

8月11日(木)

先日ばったり会ったかつての邦銀時代(現某メガバンク)の同窓同期H君とランチ。彼も何年か前に転職しており、現在は某金融情報ベンダーの敏腕セールス。ちなみに彼と私の同窓同期はちょうど30人。にもかかわらず今銀行に残っているのは12人。実に18人が転職している。家業を継ぐもの、まったく違う業種へ飛び込む者、はたまたボランティアで海外に行く者、みんなバラエティに富んでいる。しかし意外と外資系金融に移った者は少ない。

ちなみにこの18人/30人という離職率は、同期全体の中でも突出した数字であり、ある意味異常値ですらある。その評価はなんとも微妙だ。向上心溢れんばかりに銀行を飛び出して羽ばたいていったのか、それともそもそも最初に銀行に就職したことが各人にとって失敗であり、要は先見の明に欠けていたのか・・・。

いずれにせよ、何人か消息がつかめないものの、みんな元気にそれぞれの持ち場でがんばっているようだ。ちなみにまだ銀行に残っているM君は9.11の時にNY/WTCで勤務、で現在ロンドンで留学中だ。人生観、変わるだろうな。
[PR]

by flautebanker | 2005-08-11 23:59 | diary