<   2005年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 26日

ファイナンスリースとバランスシート

先日の日経新聞においてファイナンスリース取引のオフバランス計上に係わる例外規定が廃止されるという記事があった。これは長年リース事業協会と企業会計基準委員会が対立をしている論点であり、果たして報道通り決着するかどうかは依然不透明ではあるものの、中長期的には委員会の目指す方向にて合意する見通しとなっている。
ファイナンスリースとは、
1)中途解約禁止
2)フルペイアウト
(リース資産物件の取得費用のほぼ全額をリース料として期間中レッシーが支払う)
を満たすリース取引を指す。要は中途解約が禁止されていることから、リース料の支払い行為はほぼ、リース資産購入代金にかかる借り入れと経済効果としては酷似している。

しかしここ日本においては所有権移転外リース(つまりリース資産の所有権はリース会社に帰属する)の例外取引として取り扱われることが多い。これにより当該リース取引は売買取引ではなく(所有権が移転していないため)賃貸借取引とされるため、レッシー(借り手)はリース物件を資産計上せず、オフバランス処理をし、当該リース取引内容を注記で開示する

しかしこのような例外規定が存在するのは世界を見渡しても日本だけであり、米国においては当然かようなリース取引は金融取引とされ(つまりリース物件は売買処理される=資産の所有権はレッシーへ移転する)、リース資産は(レッシーにおいて)資産計上される。なおリース料の支払いのうち利払い相当額は支払利息として処理される。

従ってこの例外規定が廃止されることにより、表面上の総資産が突如として増大する企業群が存在する。言うまでもなくファイナンスリースを多用している装置産業に他ならない。
日経新聞によれば、資産計上していないリース残高の多い企業として以下の企業を列挙している。金額は05年3月期のリース物件の期末残高相当額である。

JAL      3,889億円
ソフトバンク 2,040億円
ANA     1,370億円
NTTデータ  641億円
等々

前述の通り、この論点は長らくリース業界と企業会計基準委員会との間で議論されており、少し乱暴な整理をすると、本オフバランス処理のメリットを失ったときに、リースへの需要が激減すると主張する協会に対して、国際基準に平仄を合わせ、会計基準のグローバル化を目指す委員会が対立しているという構図だ。

しかしみなさんもご存知通り、いまはどのアナリストもこういった実質負債のようなリース取引についてその企業分析において負債性の取引としてみており、さらに格付機関もオンバランスベースにて格付を付与している(証券化におけるオフバランスも同様の議論だ)。

つまり本質的には金融取引であるファイナンスリースについて、本当にオフバランスされているものとして分析するプロフェッショナルはもはや存在しない、ということは広く浸透してきているように思われる。そのような背景があってか、リース協会は以前のように強行に反発していないようにもみえる(これはあまり根拠がないので、業界の方みていらっしゃったらごめんなさい)。

いずれにしても個人的には、これにより一段と会計基準の透明性が増し、そのグローバル化が進むことで日本投資の一懸念材料がなくなり、株価へのポジティブな影響も予想されることから総論としては歓迎すべきことだと思う。
(もちろんリース業界にとってはネガティブなのかもしれないが)
[PR]

by flautebanker | 2005-09-26 23:52 | business
2005年 09月 23日

原油高 -- 何故?

e0040531_0102733.jpgそれにしても最近の原油高には目を見張るものがある。この分野については私はまったくの素人だが、ハイオクがリッター140円を超えるような状況で一金融マンとしてそのrationaleについてno ideaというのも情けない話なので、色々考えたみた。


当然物の値段には、ファンダメンタルズと需給の要素によって成り立っていると思うのだが、今回の原油高の背景にあるのは一体なんなんだろうか。ここ最近のハリケーンによる石油製品の供給不安が短期的な需給要因だとすれば(環境問題を受けた、ここ最近のタンカー製造への規制も結果として阻害要因か? どうも相当タンカーが不足している模様)、ここ数ヶ月に及ぶ高止まりの背後には何らかのファンダメンタルズが作用しているに違いない。

となれば考えつくのは石油需要国であると米国と中国の動向だろうか。確かに著しい発展をみせる中国では車がバンバン売れているようだし(これがバブルかどうかはさておき)、米国においても年初来40%近くガソリン価格が上昇しているにも拘わらずガソリンの需要に衰えはないようだ。現に米国での車の売れ筋は依然としてSUVに代表される燃費の悪い車と聞く。もともと日本と比較してガソリンが安い米国ではあるが、そんな強気な消費動向の背景にあるのが住宅バブルであることに間違いはないだろう。資産効果が続く限り、需要の価格弾力性は低いのだろう。

しかし、どうにもこのドラスティックな原油高を説明するにはいささか説得力が薄いような気がする。特に70年代の原油高のように生産国による恣意的な戦略要素がないだけに、単なる需要が堅調だからというだけでは50%近い原油高の要因としては正しくない気がする。

となるとやはり世界的な資金超過による投機マネーによるものだろうか。確かに世界的な株式のボラテリティの低下によるHedge Fundの利回り急低下、資金が行き場を失っているのは間違いない。となれば足の早いマネーのこと、一度売りとなれば、戻りは早いのかもしれない。しかしいくつかの投資銀行の予想を見ると、この原油高は来年も続くという予想が大半だ。ということは、世界的な資金のダブつきが短期的に調整される要素はなく、且つ堅調な需要が下支えもあることから、しばらくこの原油高は続くというこなんでしょうかね。

皆さんのご意見を伺いたいものです。
それにしてもガソリンを満タンにしたら8000円を近くというのはちょっとブルーです。本気でハイブリッド車に興味が・・・・。
[PR]

by flautebanker | 2005-09-23 23:19 | business
2005年 09月 21日

9月21日(水) May her spirit rest in peace

e0040531_23362726.jpgとても残念なことに、実家で飼っていたネコが亡くなってしまった。白と黒の二色なので、名前はウッシーちゃんだった。彼女は(メスです)とても人なつっこく、まったくといっていいほど誰にも危害を与えないので、みんなから好かれていた。何年か前に病気になって以来、外には出れなくなってしまって可哀想だった。
ネコは三日で恩義を忘れるというが、このウッシーちゃんはまったくそんなことはなく、実家を出てしまって時々しか会わなくなっても、私の膝に来て丸くなっていた。そういえば冬寒いときは布団にもぐりこんできていたなぁ。そんな記憶が懐かしいし、思い出すとちょっと涙が出てしまいます。
ウッシーちゃんは実は昨日医者にあと2-3日と言われていた。だから今日天国へ行ってしまったのはちょっと突然。飼い主である私の妹が実家に着いた途端にベッドの下にもぐりこもうとしたらしい(ネコは死ぬとき誰もいないところで死のうとするそうだ)。待っていたんだろうね、妹と最期に会うのを。


最期は病気との闘いでした。


辛かったのによくがんばったね。安らかに眠ってね、ウッシーちゃん。
[PR]

by flautebanker | 2005-09-21 22:21 | diary
2005年 09月 20日

バイエルン国立管弦楽団 (9月20日 @サントリーホール)

9月20日
ズービン・メータ指揮バイエルン国立管弦楽団
曲目 R.シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』 op.20
:交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』 op.28
:交響詩『英雄の生涯』 op.40


e0040531_016353.jpg<言わずと知れた名門オケ。かのカリスマ指揮者カルロス・クライバーが振っていたオケだ。
先日新日本フィルを聴きにいってがっかりだったが、今回は大満足。
本当に素晴らしい演奏だった。
まずプログラムが素晴らしい。英雄の生涯はRシュトラウスが自らの一生を英雄になぞらえて書いた曲だが、「英雄の業績」という箇所で、それまでのRシュトラウスの作品の中の重要なモチーフが次々と出現する。その代表的な旋律が、本日の演奏会の前の2曲だ。単一の作曲家の作品で構成される演奏会はたびたびあるが、今回のはもう一歩踏み込んでいてなんとも洒落ている。

演奏はといえば、先日の新日本フィルの演奏とは別次元で、各奏者が単に音を出すのではなく、音楽を表現しようという熱意に満ちた演奏だった。最初の一音からグルーブ感たっぷり。終始オーケストラがうねりを生み出していた。

指揮者のメータの味付けは実にオーソドックス。最初のドンファンこそ、オケに自由に歌わせて且つドライブ感溢れる演奏だったが、後は終始オーソドックス。CDで聴くメータの演奏は正直面白さに欠くものが多いと個人的に感じていたのだが、やはり生演奏といCDは別物。今日の演奏は正統派ではあるものの決して退屈ではなく、実にストレートに「音楽」が伝わってくる感じだ。

そんなメータはインド人である。小澤征爾といい、いわば西洋音楽の非主流の地域の出身なわけだが、そんな彼らが欧米の指揮者よりも正当かつ伝統を重んじるのは面白い。
朝青龍はちょっと違うかもしれませんが、日本の伝統芸能に魅せられた、日本人以上に日本に詳しい外人さんのような感じですかね。

それにしても今日は「オール Rシュトラウス プロ」なわけだから、アンコールも当然Rシュトラウス、、、、と思いきやヨハン・シュトラウス「こうもり」序曲でした。
ドイツのオケが、インド人の指揮者のもと、下手するとウィーンフィルよりもウィーン的な演奏していたかもしれません。脱帽です。
[PR]

by flautebanker | 2005-09-20 23:52 | music
2005年 09月 14日

真打登場

ようやく発表されました。KKR日本進出です。Balckstoneもムンバイにオフィスを出したり、Permiraも日本でスタートしました。東京も含めたアジアのバイアウト市場の夜明けでしょうか。Turnaround系のディールが一巡して、straightforwardなbuyout案件の波が来るという読みなんでしょう。さぁどうなるか。

(Press Releaseより)
KKR Announces Plans to Open Offices in Hong Kong and Tokyo

detail
[PR]

by flautebanker | 2005-09-14 23:53 | business
2005年 09月 14日

9月14日(水)

朝は某投資ファンドとのミーティング。話し口・言葉遣いは穏やかな人だが、頭の良さに加えて、強い意志を感じさせる人で、まだあまりお会いしていない人だが、この人とならいっしょに仕事をしてみたいと思わせる。もちろん実際できるかどうかは別としてだが。

今日は邦銀時代の同期(昨日に引き続き女性)とランチ。(なんかランチの話ばかりで仕事してなさそうですが、仕事の話は書けないものばかりなんです~)。
彼女は早々に銀行に見切りをつけ今は某日経企業に勤務している。今度彼女は研究員として本を出すらしい(共著)。素晴らしい。銀行にいたらそういうクリエイティブな仕事はまずできない。ただこうやって邦銀を羽ばたいていった同期が活躍しているのを目の当たりにすると、いつも思う。っていうかなんで銀行選んだの?まぁ誰にでも間違いはありますが・・・・・。
そんなことよりも驚きは彼女の自由人たる普段の生活話。本当にバイタリティのある人だ。

夜は大学時代のオーケストラの仲間とディナー。麻布十番の鳥善瀬尾。ここはこじんまりとした店ですが、オススメです。
(特に「ちょうちん」はおいしい)

そういえば今日同じ会社の人に聞いたところ、日本の誇る名オーボエ奏者、宮本文昭氏が奏者としては引退、指揮者に転向するとのこと。本当なんだろうか??
[PR]

by flautebanker | 2005-09-14 23:43 | diary
2005年 09月 13日

9月13日(火)

今週は妙にバタバタしている。outlookのscheduleもぎっしりという感じだ。今日は以前に同窓の集まりで知り合った同業の人(外資)と情報交換も兼ねてランチ。歳も近い(同じですね)ので完全に友達感覚・・・。外資だとstaffingもfocusも似た感じだなと実感。いずれにしても海外の本場のディールフローと比較して日本の案件の少なさについてお互いたため息をつきながら嘆いていた。

それにしても今日は某ビル(携帯最大手の入居しているビル)でランチだったのだが、彼女のオーダーしたものは私の食事の終わった頃に運ばれてきた。しかも4回くらい催促したにもかかわらずだ。サービスがなってない。完全に忘れていたはずなのに、決してそうではなく単純に込み合っていたからと抗弁。私はこういうときに結構本気で怒るタイプなのだが、私以上に彼女が猛抗議!さすがです。
[PR]

by flautebanker | 2005-09-13 23:30 | diary
2005年 09月 13日

小澤征爾とロストロポーヴィチ

e0040531_0212125.jpgみなさんはロストロポーヴィチという音楽家をご存知だろうか?
彼はおそらく20世紀でもっとも重要な音楽家で、チェリストであり指揮者でもある。
(ちなみに彼はベルリンの壁の崩壊のとき、まさに壁が壊されていく傍らでチェロを弾いていたのだが--確かバッハ--アホな日本のアナウンサーが、「見てください!あそこでチェロを弾いてる老人がいます!こんなときにチェロなんて!」と彼を喜びのあまりチェロを弾きだした変わった老人扱いして失笑を買ってた)。

e0040531_022497.jpgそのロストロポーヴィチ氏だが、かの小澤征爾氏とキャラバンツアーを行っているには意外に知られていない。このキャラバンツアーというのは、普段生のクラシックに触れることのなし地方の町や村に小澤氏とロストロポーヴィチ氏率いる「キャラバン・オーケストラ」が直接出向き無料の演奏会を聴いてもらう、というコンセプトだ。今年で5回目を数えるそうだ。これまでに岐阜、長野、新潟、中国の北京・上海、岩手、秋田などを訪れているという。場所は学校の体育館だったり、老人ホームだったり、はたまたお寺の境内だったりと様々だ。当然空調もなにもないので、この両巨匠は汗だくとなって演奏している。ウィーン国立歌劇場の音楽監督と、20世紀最大の音楽家が、である。
そんなツアーの中で、こんなハプニングがあったという。とある市の歓迎会で演奏された高校生によるブラスバンドの演奏にロストロポーヴィチ氏が指揮者で飛び入り参加。曲はスーザの「星条旗は永遠なれ」だったそうだ。その演奏後ロストロポーヴィチ氏はこう言ったという。

「私はアメリカによって起こされたヒロシマとナガサキの恐ろしい悲劇をよく知っています。今、学生たちはアメリカの第二の国歌ともいうべき曲を見事に演奏しました。本当に偉大な国というのは、他の国を許すことができる国なのです。私は偉大な国、日本の国を心から愛しています」
なんとも考えさせられる一言だ。
[PR]

by flautebanker | 2005-09-13 00:32 | music
2005年 09月 12日

9月12日(月)  驚愕の選挙結果

9月5日のエントリーに友人二人が出馬していることを書いた。金融マンとしてこの選挙結果を受けて、今後の政局、ひいてはそれがマーケットに与える影響云々を書くべきなんでしょうが、今回はそんなことよりも彼らの戦いが気になってしまう。
一人は次のステップを見据えての出馬であり(比例代表)、もう一人は前回も敗れている都市部--小選挙区での戦い。正直二人とも落選という可能性はかなりあったはずだが、小泉旋風はなんと二人とも当選させてしまった!一人は約5千票という僅差で小選挙区できっちり勝利!そ、そしてもう一人も小選挙区での怒涛の当選ラッシュのおかげで、どっからどうみても当選するような順位ではなかったのに(失礼!)当選。す、すごすぎる。得票数の総数では見ると実はそれほどには差はついていなかった自民、民主だが、、、、小選挙区制っていうのは怖い。

今まで生活に直結するような事柄を決めている政治の場との接点は、実態的にはメディアを通してだったのが、これでぐっと近づいた気がする。

それにしても小選挙区制のマジックを見ると同時に、安定多数を一回獲得してしまった政党に歯止めをかける手立てはないんだなぁと、改めて議会制民主主義の怖さも感じる。曖昧模糊なマニフェストの逸脱しない範囲であればなんでもできてしまう。もちろん大増税も。誰も止められない。
[PR]

by flautebanker | 2005-09-12 23:38 | diary
2005年 09月 09日

9月9日(金)

某国の銀行さんとミーティング。やはり一味違う、なんともお洒落な感じ。
小所帯ではあるものの、なかなかアグレッシブにビジネスを展開されているようで、将来いっしょにディールできる可能性ありそうな感じ。意外感はありましたが。

今日LinLin9146さんとランチをごいっしょさせていただいた。
予想通り、非常に強い意志を持った方で、知識も豊富。オフラインの会話に花が咲きました。
お忙しいところありがとうございました。お互い仕事もがんばりましょう。それにしても周りに同窓の方が多いなと改めて実感。

明日から軽井沢で久しぶりのゴルフ。あまりに久しぶりで大丈夫なんだろうか。
腰が心配。。。。
[PR]

by flautebanker | 2005-09-09 23:36 | diary