<   2005年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2005年 11月 24日

黄金株と上場企業

e0040531_23321831.jpg上場企業がいわゆる黄金株を導入することに関して東京証券取引所が原則禁止する方針を打ち出したことについて、それに関する与謝野経済財政・金融担当相の発言が物議をかもしているようです。

ニュースは以下のように報じてます。
『与謝野金融相は22日の閣議後会見で、合併や経営統合などの重要な決議を拒否できる黄金株(拒否権付き株式)の発行を、東京証券取引所が原則禁止する方向を固めたことについて「会社法で認められていることを東証の上場基準で否定することは、理屈の問題としてはあり得ない」と、東証の方針に反対し、黄金株を容認する方針を示した。』

これに対し、批判的なブログのエントリーが散見されます。例えばマネックスの松本社長のblogにおいても痛烈に批判されていたりします。
http://ameblo.jp/monex-oki/entry-10006383355.html#tbox

e0040531_23463620.jpgしかしながらもう少し大臣の発言を調べてみると、彼の発言には一定の合理性があると私は考えます。つまり大臣は頭ごなしに、上場企業であろうとなんだろうと会社法で定めている限り、黄金株の発行は可能である、という近視眼的に発言しているわけでは決してなく、黄金株の濫用が、

「企業の勝手で黄金株を創設するとすれば他の株主の議決権を著しく狭める。それは許されないこと」
とことわった上で、
「黄金株を持った会社が新しく上場するということは広く株主が知っている事実であるから、そういうことをもって上場基準に外れるということは会社法で認めている株式の種類を上場基準によって狭める」
と発言しています。

つまり大臣の発言は、東証は一証券取引所に過ぎないとはいえ、代替される取引所がない以上、その硬直的な方針が、事実上本邦大会社へのデファクト・スタンダードとなり、かような種類株の発行の柔軟性を明文化した会社法が形骸化してしまう、という趣旨であったんだと思います。これが本意であれば、納得感があるのではないでしょうか。

改正会社法の施行を控え、そしてコーポレートガバナンスのあり方について真剣な議論がなされ始めた中で、確かに東証の方針は若干硬直的であるように思います。かような黄金株の効力の濫用への牽制機能、そして言わずもがな既存株主の了解、そして当該株式の発行が企業価値の極大化に資するというストーリーがあれば、後はマーケットがその是非を決めるのではないでしょうか?少なくとも取引所が入口から禁止するような類の議論ではないように思いますが、皆さんいかがでしょうか?松本社長の意見も伺いたいところですが・・・・。
[PR]

by flautebanker | 2005-11-24 23:58 | business
2005年 11月 22日

Berliner Philharmoniker --Bravo!!!--

e0040531_111231.jpg久しぶりに演奏会に行ってきました。今回は世界最高峰のヴィルトーゾ・オケである「ベルリンフィル」。指揮はもちろん若き音楽監督、「天才」ラトル氏です。
プログラムは、
ドビュッシー/牧神の午後への前奏曲
アデス/アサイラ
R.シュトラウス/交響詩「英雄の生涯」Op. 40
今回の来日はNHKホールでの演奏会(皇太子さまもいらしたようです)とこのサントリーでの演奏会のみ。当然チケットはプラチナパーパー化し、ヤフオクでの価格もバブル化・・。

なんとも奇妙ですが、今年この「英雄の生涯」を聴くのはなんと3回目。
チケットをもらった名古屋フィルに始まり、バイエルン国立管弦楽団、そして今回のベルリンフィルでした。

e0040531_12165789.jpg演奏はといえば、言葉では表現できない空前絶後の名演でした。特にベルリンフィルの管楽器陣の音の鳴り方はもはや人間業ではなく、スピーカーでも付いているのか??と思わせる音量そして緻密なアンサンブル。緩急・強弱が目まぐるしく変化するラトルの指揮に完全に、そして自然に合わせていく各奏者たち。そして何よりも彼らが一番音楽を楽しんでいるようです。私自身、フルートを吹きますので、「牧神の午後への前奏曲」は当団のスーパースターであるパユ氏がソロフルートかと楽しみにしていましたが、演奏したのはもう一人の首席奏者、重鎮ブラウ氏でちょっと残念でしたが、それを吹き飛ばす名演。ブラウ氏も素晴らしかったです。

英雄の生涯はなんともエキサイティングな演奏で、日本が誇るコンサートマスターの安永さんのソロも素晴らしく、そして最後のコラールの響きの美しさといったら、、、、。最後の音が鳴り終わっても、ホールの聴衆が身動きがとれず十数秒ホールが静寂に包まれた事実が演奏のすごさを物語ってます。TVカメラも入ってましたから、いずれ放映するのでしょう。みなさんも是非ご覧ください。

こんな演奏に出会えるから、演奏会通いはやめられません。

Bravo
[PR]

by flautebanker | 2005-11-22 01:13 | music
2005年 11月 21日

不動産価格はバブルか?

e0040531_12213727.jpg最近同業で不動産に関わっている人達と話す機会が何度かありました。米国の住宅価格の一本槍の上昇トレンドは若干一服しているように思いますが、ここ日本の不動産価格の上昇には目を見張るものがあります。その上昇トレンドがいわゆる「バブル」なのか、というトピックがよく話題になります。
様々な意見がありますが、私なりに考えてみると、まずは「バブル」とは?というところから始める必要があると考えます。経済学的な見地に立てば「バブル」とは、資産価格の変動における「ファンダメンタルズ」(基礎的条件)では説明のつかないもの、ということでしょうか。となればファンダメンタルズとは何か?という定義がさらに必要になりますが、これはなかなか難しいですね。一般的にはGDP成長率、インフレ率、失業率、国際収支などでしょう。私は経済学者でもなんでもないので、ここでの「バブル」とは「モノの価値が実体経済よりも大きくかけ離れて上昇すること」という程度にしておきましょう。

e0040531_14455798.jpgさて翻って日本の不動産価格はどうでしょう。果たしてマスコミや人々が言うようにバブルなんでしょうか?ある意味遅行指標ともいえる基準価格は、東京23区で15年ぶりに上昇に転じたことから、足元の都内の物件の過熱感は相当なものであると言えるでしょう。マスコミは盛んに不動産バブル云々と報道してますが、結論から言うと私個人的には現状のマーケットは「バブルではない」と考えます。といいつつもマーケットが過熱しているのは事実で、さらに過熱感が非常に不確実な要素を前提にしていることから、やはり調整局面が近い将来訪れるであろうと言わざるをえません。


現場の人達の話はもとより、J-REITの目論見書等をみても、都心の物件の利回り低下には著しいものがあります。Cap rate(注:下記ご参照)ベースで3%台に突入している物件も散見され、驚くばかりです。しかし「利回り」とは安全資産利率に当該投資対象資産の内包するリスクを表象するプレミアムを加えたものです。従って実需も含めた需要が旺盛なマーケットにおいて、不動産の流動性が増すことによる流動性プレミアムの漸減には一定の合理性があるといえます。もちろんその絶対的な水準には色々思うところはありますが。利回り(4-5%)、資金コスト(2%程度でしょうか)の間に利鞘が存在する以上、少なくとも不動産エクイティ投資家はリターンを得ていることになりますし、これを「バブル」と呼ぶには少々無理があるでしょう。逆にいえば、利回りと資金コストの差が負の値である場合は、その投資家は完全にキャピタルゲインを前提としていることとなり、かような投資行動によって形成されるマーケットはまさに「バブル」であると考えます。

e0040531_0594926.jpgただここで一つ気になるのは、これだけ不動産物件の投資利回りが低下しているにもかかわらず、不動産ファンドへの投資熱は依然として高水準であり、さらにその利回りも物件の投資利回りの低下ほどの影響を受けていないように感じることです。これはまさに「レバレッジの恩恵」であるといえるでしょう。全国的なOver Capitalizationを背景とした銀行のアグレッシブな融資姿勢は利率を引き下げるのに留まらず、LTV(担保比率)を急激に押し上げてます。不動産ファンドの方曰く、LTV80%-90%なんていうのはザラで、最近ではLTV100%を超えるものもあるとか。完全に経済合理性を欠いているといわざるを得ません(LTV100%のdebtとはエクイティと同じリスクを取りながら、up-sideを放棄することになります。あり得ないですね)。この現象はレンダー側のvaluationにちょっとしたバブルが存在しているわけで、若干危険な状況であるといえます。これが現在の不動産マーケットの過熱感を演出する危うい要素の正体であると考えます。

これに加えて、エクイティ投資家の金利見通しが依然としてゼロ金利を前提にしているのも実に不安定な状況です。前述の通り物件利回りを仮に3%台とし、資金コストを2%とすると、その利鞘はわずか1-2%であり、金利の上昇クッションとしてはないに等しいです。さすがに米国のようなインタレスト・オンリーローン(IOローン)が日本で売られることはないでしょうけど、いずれにしても現在の本邦不動産マーケットの「過熱感」はレンダーによって演出されているといっても言い過ぎではないと思います。


注:Cap Rate (キャップレート)=NOI(償却前税引前営業利益) / 不動産価格
[PR]

by flautebanker | 2005-11-21 22:14 | business
2005年 11月 20日

Health 2 ---診断結果&禁煙・・・--

e0040531_2294420.jpg仕事も順調。青汁の効果か、体調もすこぶる良好。あとは耳の調子だけです。一向に治る気配を見せない耳に危機感を覚えた私は、会社の同僚(上司)から聞いた天現寺付近の耳鼻科へセカンドオピニオンを取りに行きました。というよりも最初の先生はマルにしたわけです。

診断結果はともかく、ここの先生は本当に素晴らしいです。説明は恐ろしく丁寧かつ詳細で、全部紙に書いてもらって持たされます!さらにいえば、冗談抜きでこの先生は耳と鼻が人生において何よりも重要なことと考えていらっしゃいます(笑)。ちなみにこの先生、驚くほど英語が達者で、外人さんの患者さんも多い様子。


さて診断結果について。最初の先生は航空性中耳炎についてのみでしたが、この先生曰く、、、
そもそも私の右鼻(耳ではなく)はⅠ型性アレルギー遺伝子による小児喘息を患ったこともあることから元来粘膜が弱く、これにこれまでの喫煙が影響し現在「うっ血性副鼻腔炎」になりかけている。いわゆる「蓄膿症」ですね。これによって鼻の粘膜が弱いことから鼻水がでやすく、結果として航空性中耳炎になりやすいと。かなり衝撃的ではありますが、さらに医者は続けます。このまま放っておくと、5年から10年の間に強烈な口臭いびきが発生し、右耳は補聴器が必要になる。下手をすると右目も視力も著しく悪化・・・。と、相当脅されたわけです。
というわけで絶望の淵に追いやられた私は、先生にその回避手段をすがるように聞くわけですが、「禁酒」&「禁煙」がマストとのこと。。。。。

e0040531_2354524.jpgガーーーーン。。。
あまり酒を飲まない私にとって禁酒は大したことはないんですが、禁煙は・・・。とはいえ大好きな音楽と天秤にかけたら結論は揺るぎようがないので始めましたよ、禁煙。もうかれこれ5日間くらいが経ちますが、今のところ平気です。一本も吸ってません。ただその間色々葛藤、苦しみ、発見もあったので、それはまた次回に。
[PR]

by flautebanker | 2005-11-20 02:40 | diary
2005年 11月 13日

Health --青汁など--

e0040531_22501855.gifこれまで正直あまり健康について真剣に考えてきませんでしたが、最近疲れがなかなかとれないことも多く、そこである人に勧められた「青汁」を飲みはじめてました。もうかれこれ3週間、ほぼ毎日飲み続けてます。当初は半信半疑でしたが、その効果は絶大ですね。青汁に含まれる「ケール」という成分についてあまり詳しくないですが、店員の説明によれば、成人が摂るべき野菜に含まれる成分の8-9割をこの一杯で摂取できるらしい。
というわけで驚くほどに体調がいいです。もっとも味はかつてのコマーシャルじゃないですが、相当不味いです。でも人間慣れるものですね。今はさほど苦労せず飲めます(といっても青汁のコップとお茶のコップを両手にとり、リレーで飲みますが・・・)。聞けば、豆乳とレモンなどを併せて飲んでいる人もいたり、皆さん色々工夫しているようですね。まぁ工夫したくなる味ではある。。。

というわけで全般的にはすこぶる体調の良い私ですが、一点大問題が起きてます。ここのところ飛行機に乗ることが多かったのですが、鼻風邪気味で乗っていたこともあり、離発着時の気圧変化に堪えられず、ついに航空性中耳炎にかかってしまいました。とにかく耳が聴こえません。私は音楽をやっていて、比較的耳が鋭敏なのでなおさら。本当に気になって仕方ありません。医者に行ってなんかありとあらゆる管を鼻に挿入して(しかも深く!)吸い出してますが、治らず。鼓膜に穴まで開けてるんですけどね(ちなみに「グシャ」っていう鼓膜に穴を開ける時のなんとも言えない音はきっと一生忘れない・・・)。とにかく、当時風邪気味であったことから、結構重症のようです。ツイてない。
皆さんもお気をつけて。
[PR]

by flautebanker | 2005-11-13 23:14 | diary
2005年 11月 05日

Reunion! --政治の世界--

先日高校時代に所属していたオーケストラの仲間と久しぶりの同窓会。
場所は六本木の巨牛荘にて。ここのプルコギは美味しいですね。ちなみに天声慎吾のロケをやってたようで、香取慎吾・ウドちゃんに遭遇。あれ?天野君は??
e0040531_23471260.jpgそれはともかく、10年以上振りに会う仲間もいて、本当に懐かしかった。それにしても皆表情が生き生きとしていたのは印象的だ。30過ぎの我々は仕事もプライベートもこれまでで一番忙しく消耗している時期だし、結構皆疲れている(くたびれている?)かと思いきや、意外や意外、そんなことはまったくなく、皆それぞれ充実している様子で気力十分。頼もしい限りだ。
私もここのところ私生活においていくつか転換期を迎えているので、こうやって充実している皆との会話の中から様々な生き方に関するインプリケーションを得たような気がする。

我々を結びつける要素は大学とオーケストラだけなので、当然職業も様々。私のような金融畑からメーカー、弁護士、航空会社等々。そして以前にも書いたが、本日のメインディッシュは国会議員!彼とは先の衆議院選挙で当選して以来初めて会うが、彼のナマの政治話は文句なく興味深い。

e0040531_0244552.jpg

ここで書くことできないが(ちなみに週刊誌に持ち込めばカネになりそうなネタ満載です!)、政治の世界は外から見るのと、実際にそこに身をおいて見るのとではかなりギャップがある世界だなと感じた。日本という国はとかく政治家に対して(官僚もですかね)仙人のような姿を期待してしまう風潮があるが、彼らも人間。そこで繰り広げられる様々な出来事は本当に人間くさいものだった。また我々はどうしても政治家にはダーティなイメージが先入観としてあり、確かにそのような側面もあるのかもしれないが、話を聞く分には使命感を持って国政に身を投じている先生方が大半のようだ。それだけにもっと彼らの日々の仕事ぶりを臨場感を持って伝えることができれば我々の彼らに対するイメージは劇的に変わるに違いない。それを怠っている彼らにも責はあるとも思うが、それ以上に些細なことをさも面白おかしく伝えているマスコミにも相当責任がある。このブログをお読みいただいている聡明な皆さんの中には、マスコミは某新人議員の面白コメントを日々流している状況じゃないだろう、という感じる方は決して少なくないはずだ。

それにしても彼のスケジュール、仕事量はハンパではなく、いかに効率性を高めるかが、keyのようだ。一日でこなすアポは数十件(!)だそうだし、それに加えて大量のペーパーワーク。そりゃ分刻みにもなるよな。。。そういった意味で秘書の果たす役割は極めて重要であるという印象を受けた。

彼も次の選挙が正念場。かつての仲間として精一杯の応援をしてあげたいと思う。そして金融の現場に身を置く者として、彼を通じて少しでも日本のマーケットが理想に近づけるよう、私も精一杯のことをしたいと思う。
[PR]

by flautebanker | 2005-11-05 23:44 | diary
2005年 11月 04日

Boston 思ひ出巡り&打ち上げ

さて以前にも書いたとおり、私はかつてBostonのWellseleyという街に住んでいたことがあり、滞在中ちょっとだけできた時間を利用して思い出巡りをしてきました。なんと25年ぶりのことです。
昨年これまた以前住んでいたLAに十数年ぶりに訪れましたが、今回はそれ以上の感動がありました。とはいえ、Bostonに住んでいたのはほんの1年で、それも25年前ですから私は小学生、記憶の大半は曖昧なものとなってました。とはいえ、なんとも綺麗な街だったんだなと改めて再確認しました。

e0040531_2164248.jpgWellseleyはBostonの西に位置する郊外の街で、この街にあるWellesley College(ウェルズリー女子大)はかのヒラリー・クリントンを輩出した大学として知られ、また映画「モナリザ・スマイル」では主演のジュリア・ロバーツがこの大学に赴任する教師役を演じてます。

e0040531_221556.jpgさて、Boston中心部からTaxi&電車そしてまたTaxiを乗り継ぐこと約1時間(国際免許を取得していくのを忘れてしまったので・・)、ようやく到着。
(滞在していたhotelのコンシェルジュに聞いて電車で最寄の駅まで行ったものの、それでも目的地までは5km近くあり。で、タクシーを捜しましたが、こんな郊外で流しのタクシーが捕まるはずもなく、途方にくれた私は近くの病院に駆け込みタクシーを呼んでもらいました。車社会ですね、この国は・・・・)

e0040531_1533220.jpgHunnewell Elementry School
かつて通っていた小学校です。何も変わってませんでした。
"This is a pen"(未だに一度も使ったことのないphraseですが)も分からない小学生がいきなり放り込まれた現地校です。

e0040531_1532397.jpgそして通学路。恐ろしく綺麗でした。その途中にある小川。真冬は零下30℃くらいまで下がる厳しい環境ですが、毎日元気に歩いて通ってました。今ではにわかに信じられない行動形態です。。。

e0040531_2392345.jpg学校にほど近いお店の立ち並ぶ一角へ。正直かつてどんな店があったか覚えてませんが(おいしいクッキーの店の記憶がありますが、それらしき店はありませんでした)、どこにでもあるStarbucksや、有名ブランドの店が並んでました。

e0040531_212779.jpgそしてついにかつて住んでいた家へ。住んでいた当時、既に築20年を越えていた物件ですから、今も残っていれば築50年前後の物件ということになります。いくら建物の耐用年数が長い米国でもさすがに、、、と思いきや、ありました。私の記憶とほぼ変わらない形で。

e0040531_2292446.jpg家のすぐ脇の幹線道路(確かRoute16)。この道はBoston Marathonのrouteで、当時家には親父の学友(留学してました)が多数詰め掛け応援partyをやりました。

とまぁなんとも私的な(かつちょっとおセンチな)エントリーになってしまいましたが、こうやって20年以上前に私が初めてアメリカという国に接した場所に来たことで、色々と考えさせられました。少なくともこのように幼少の頃にアメリカという国に住んでその文化に直接触れたことで、今現在外資系の会社で働いている自分があるのかなぁとぼんやり考えてみたり。いずれにしてもこういうチャンスを与えてくれた親に改めて感謝です。

e0040531_2295898.jpgさて、Boston最終日はお約束のSea Foodでささやかな打ち上げ。Legal Sea Foodという店でクラムチャウダー&ロブスターを。本当に美味でした。
[PR]

by flautebanker | 2005-11-04 01:00 | diary