投資銀行家への道

flbanker.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 31日

誰が予想できたでしょう

e0040531_020860.gif

今年1年はこんな感じでした。でもまだまだです。

だって過去10年ではこんなもんですから。
e0040531_0193254.gif


来年も良い年になりますように。
Wish you a very happy new year 2006.
皆様来年もよろしくお願いいたします。
[PR]

by flautebanker | 2005-12-31 00:23 | business
2005年 12月 31日

「六本木」の意味するところ

そういえば先日こんな報道がありました。

===============
みずほ証券誤発注、無職27歳が20億円大もうけ
みずほ証券が総合人材サービス業ジェイコム(マザーズ市場)の株式に誤って大量の売り注文を出した問題で、千葉県市川市に住む無職で27歳の個人投資家が、誤発注に応じて同社株を最大7100株取得し、約20億3500万円の利益を得ていたことが16日、関東財務局に提出された大量保有報告書で明らかになった。
 報告書によると、この個人投資家は12月8日に7100株を取得し、その日のうちに1100株を市場で売却した。その結果、ジェイコム株の発行済み株式総数の41・38%にあたる6000株が残り、13日の決済日に株券の代わりに現金の支払いを受けて決済した。
 これまでに、東京・六本木に住む24歳の会社役員の個人投資家も約5億6000万円の利益を得たことが分かっている。
================

注目していただきたいのは、「東京・六本木に住む24歳の会社役員・・」というくだり。
そもそも個人投資家の所在地にニュースバリューなどないはずですよね。
あえて「港区」とはせずに、「六本木」と明記しているところにマスコミのバイアスを感じますね。

e0040531_072533.jpgこの1年、六本木ヒルズをベースとする会社が様々な局面で注目されました。そしてこの2005年は大買収時代の到来とか、M&A元年だと盛んに報道されてます。もちろんこれに反論する気はないですが、ただ冷静に考えてみると何かものすごく先進的なことが起きたのではなく、日本企業が株式市場に真剣に向き合い始めたということに過ぎません。

しかしそんな姿勢は、時に「合理的」そしてある種「冷徹な」ものとして捉えられているように思います。
「買収する方が勝者で、買収されるほうは敗者」
こんな感覚が少なくともマスコミにはまだ残っているように思います。そしてマスコミはその勝者を手放しで賞賛することはしません。少し「下品」なものとして扱っているように思います。言い方は悪いですが、「金儲けの権化」のような捉え方でしょうか。そしてマスコミの言うところのこのような「勝者」は「六本木」ヒルズ族に象徴される人々なんでしょう。

この何気ない「六本木に住む」というフレーズを滑り込ませるマスコミに、そんなスタンスを感じるのは私だけでしょうか。
[PR]

by flautebanker | 2005-12-31 00:08 | business
2005年 12月 26日

gourmet!? --冬の肥満化運動--

タバコをやめて以来、飽食の日々が続いております。とにかく食べ物が美味しい!
いかんと思いつつ、やれ忘年会だ、Xmas Partyとだと私のカロリー摂取スピードはその勢いを増すばかりです。せっかくですので、今後の自戒の意味も兼ね、ここ数週間の私のグルメぶりをご紹介してまいります。

まず白金の「Luxor」。私は初めて行きました。 この店メディア露出も盛んで、"かのマリオ・フレッテリのお店"と紹介されてますが、この人そんな有名な人なんでしょうか??

e0040531_1234645.jpgお次は「ahill」。ここは私のお気に入り。日赤通りにあります。フレンチ鉄板焼きということらしいですが、ここのお肉はもちろんのこと、「白子」が本当に美味。有名な「焼きカレー」も見事です。それにしてもここのシェフ、最近TVに出すぎ!?
e0040531_1295572.jpgさて鉄板焼きということでは他にも行ってます。六本木の瀬里奈の鉄板焼き店、「Mon cher ton ton (モンシェルトントン)」。連れていった外人のボスも大満足。加えて帝国ホテルの「嘉門」。ここはスタンダードな鉄板焼き屋ですね。
まだまだあります。麻布十番の焼き鳥屋で「鳥善 瀬尾」。ここの「ちょうちん」は絶品です。白金にあるお好み焼きの「甚六」。味はともかく雰囲気が良いですね。

e0040531_1583551.jpgあ、そうそう久しぶりに老舗鰻屋の「野田岩」、にも行きました。本当にあり得ないくらい美味しいですね。
あと愛宕の「XEX愛宕」、六本木ヒルズの「An」、白金台の「MARINA DE BOURBON」なんかも行きましたね。もっともここら辺は特段のコメントなし。

e0040531_1514778.jpgそしていつも期待を裏切らないホテルオークラの「「桃花林」」。個人的には中華料理ではここが一番好きだし美味しい。
「しゃぶ禅」の六本木店。久しぶりに行きましたが、ここ移転したんですね。知りませんでした。後オーケストラの先輩におごらされた(!?)丸ビルの「醍醐味」。まったく期待せずに入った店ですが、なかなかよろしい。

そして最後ですが、多分今年最大の収穫。寿司の「たなべ」です。会社の同僚に教えてもらいました。とある住宅地にあるひっそりと佇む寿司屋ですが、半端なく美味です。私はあまり酒を飲まない人種ですが、それでも次々と出てくる肴の数々は本当に素晴らしいです。もちろん握りも。あまりに美味しいので、無理を言ってお節も頼んでしまいました。すごく楽しみです。

それにしてもこれだけ乱食して糖尿病にならなかった自分に拍手を送りたいですね。
Bravo
[PR]

by flautebanker | 2005-12-26 01:09 | diary
2005年 12月 23日

Div Recap --日本の金融マーケットの成熟スピード--

Dividend Recapという単語をご存知でしょうか?
Buyout Fundは会社(事業)を買収した後に、その性格上当然投資元本を回収する必要があります。これを投資の「Exit」といいますが(日本では「出口」。そのままの直訳ですね)、その手法はこれまで大まかにいって2つしかありませんでした。

e0040531_2303794.jpg一つはM&Aによる会社の売却。Strategic Saleとも言います。この際の買い手は一般事業会社のケースが多いですが、別の投資ファンドへの転売も当然ありえます(日本でもいくつか事例がでてきました)。そしてもう一つはIPO(株式公開)をはじめとする資本市場からの資金調達手段です(買収した企業を非上場化しない場合もあります。その際には株式の売り出しによって資金を回収することも一般的ではあります)。

そして最近この2つの手法に加えてここ数年US Marketでトレンドになっているのが、Dividend Recapとよばれる手法です。簡単にいえば投資実行後に買収対象会社(Target Company)の借入を増やすような資本構成(Capital Structure)の変更を実施し、(借入増による)調達資金によって配当を支払い(ないしは自己株式の買入)、株主たる投資ファンドが当初の投下資本を回収する手法です。大掛かりなM&A、IPOとの比較感でいくと、時間、コスト共に投資ファンドにfriendlyであるといえます。また資本超過にあるBank Marketにとっても絶好のlending opportunityとして捉えられてます。

ただ最近ではこういったdealがあまりにも多いため、投資ファンドによって買収された企業のdebtがDividend Recapの実施によるdebt増観測のもと、価格が下落する(利回りは向上)動きもあったりします。

さて下のFTの記事はUSのみならずEuro marketにおいてもこのDividend Recapが増加しているという趣旨のarticleです。

e0040531_2314384.jpg私のいたって個人的な感覚によれば、日本の金融マーケットはLondonを中心とするヨーロッパのマーケットの3-5年遅れのペースで発展していっているように思います。またUSとEuropeのトレンドのギャップは1-2年というところでしょうか。

依然として間接金融の比重が高く、資本市場が欧米ほど発達していない日本においては、このDividend Recap取引が非常にfitする環境にあるといえます。ここ数年本邦マーケットにおいてもBuyout Fundによる買収案件は激増しておりますが、数年後このDividend Recap取引が増えていくことについて疑いの余地はないでしょう。

FT記事
[PR]

by flautebanker | 2005-12-23 22:43 | business
2005年 12月 18日

Illumination 2 -- 街のXmas Tree --

Santa's Cookies

追加しました。どこのtreeか分かりますか??

e0040531_23472421.jpg

e0040531_23473371.jpg

e0040531_2348286.jpg



e0040531_2292189.jpg

e0040531_2293465.jpg

e0040531_2295578.jpg


e0040531_230936.jpgどこもかしこもChristmas Treeですね。
[PR]

by flautebanker | 2005-12-18 23:33 | diary
2005年 12月 15日

タバコ増税 --関係ないもんね~--

タバコはやめた私には関係のない話です!

たばこ増税、1本1円案が浮上・与党が調整
 与党は14日、来年度税制改正でたばこ税を引き上げる方向で調整に入った。1本あたり約7.8円の税額を1円上げる案が浮上。来年度予算案で国債発行を30兆円に近づける小泉純一郎首相の方針を踏まえ、税収増が必要と判断した。15日にまとめる与党税制改正大綱に盛り込み、2006年度からの実施を目指す。

 自民党税制調査会(柳沢伯夫会長)は14日午前の正副会長・顧問会議で対応を協議。出席した谷垣禎一財務相は「財政再建のためにたばこ税収の増加が必要だ」と要請。会合後、柳沢会長は記者団に「現実の動きとしては認めざるをえない」と語った。



e0040531_0174663.jpgそれにしても依然タバコの安い日本です。
イギリスにいったら£5とかですから、それこそ千円くらいですもんね。
こんな報道もありました。

1箱500円なら51%が「やめる」
禁煙広報センター(東京都中央区)は14日、禁煙行動とたばこの価格に関するアンケートの結果を公表した。
 全国の喫煙者1980人を対象に今月2~4日、インターネット上で実施。禁煙のきっかけとして考えられることを複数回答で尋ねたところ、最多は「自分の強い意志」(59%)で、2位は「たばこの値上げ」(55%)だった。喫煙が健康に悪いという自覚を持っている人は83%に上った。
 現在の1カ月のたばこ代の平均は8540円で、今の価格を「高い」と思う人は64%。最近の値上げは03年7月1日の1本1円で、この値上げ前の02年調査時(56%)より増えた。
 1箱(20本)いくらなら禁煙するかについては、500円で51%、1000円では73%が「やめる」と答えた。400円では24%、300円では4%に落ちる。自民、公明両党は14日、たばこ税の引き上げを決めた。実施されれば代表的な銘柄では1箱290円となる。同センターは「調査結果をみると300円では禁煙行動に結びつかず、まだまだ手ぬるい」と話す。


イギリス並みの値段にすれば73%がやめると言っているわけです。それでも税収は増えるかもしれませんね。喫煙者の73%が本当に減少し3割になっても、税金は軽く3倍以上になりますからね。どこかに最大化できるマージナルポイントがあるんでしょうね。
[PR]

by flautebanker | 2005-12-15 23:39 | diary
2005年 12月 12日

Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks -- バイエルン放送交響楽団 --

e0040531_0423753.jpg先日、ヤンソンス指揮(写真)、バイエルン放送響の演奏会を聴いてきました。曲目は以下の通り。

ワーグナー:楽劇『トリスタンとイゾルデ』から前奏曲と「愛の死」
ストラヴィンスキー:バレエ組曲『火の鳥』
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

本当にいい演奏会でした。特に1曲目のワーグナーは白眉。なんともいい表現方法が見つかりませんが、音がうねるように迫ってくる一方で、音楽はとても自然でした。それにしてもなんでこんなに音が分厚いんでしょう。脱帽。涙が出そうでした。
pp部分での弦楽器の繊細さといったら・・・。背筋がゾクッとするくらいでした。
あと木管がベルリンフィル並みだったら・・・。

火の鳥は、色々ミスはあったものの(トランペット・・・)、エキサイティングな演奏。クライマックスの迫力にはこれまた脱帽。ホルンはかなりお歳の方が(見る限りは)トップだが、本当に素晴らしいソロを聴かせてくれた。

ショスタコービッチの交響曲はもうヤンソンスの十八番。といっても初めて聴きましたが、素晴らしい演奏ではあるものの、ヤンソンスとワーグナーという意外な組み合わせによる、とてつももない名演の前には少しかすんでしまったかもしれません。あくまで個人的にはですが。

アンコールは2曲。最後のアルルの女の「ファランドール」はちょっと勇み足でしたが、コレも愛嬌ですね(ただスネアが叩きすぎたのには笑えた)。

e0040531_23151288.jpg以前のシェフ、ロリン・マゼール(写真右)と来日したとき(2-3年前?)も聴きにいきました。どちらかというとかつてのバイエルン放送響は、人工的な匂いのするマゼールの音楽作りの下、完璧に統率されたヴィルトーゾ・オケという印象でした。しかし新しい音楽監督であるヤンソンスはこのオケをがらっと変えてしまいました。バイエルン放送響は、奇をてらうことない自然な音楽を奏でるオケへと変貌しました。そして何よりも楽員の一人一人が本当に演奏を楽しんでいるように見えました。
(前回のマゼールの時は楽団員との不仲がピークに達していたときでしたから・・。しかしそれでもものすごい名演をやってのけるんだからすごい指揮者です、マゼール氏は。ちなみに私、マゼール氏の指揮のもと演奏したことがあります。その話は追々・・)。

今年は演奏会の当たり年だなぁ。少なくとも私個人的には。
[PR]

by flautebanker | 2005-12-12 00:44 | music
2005年 12月 11日

banker向きな人?

e0040531_241233.jpgとある学生に、
「金融に向いている人はどんな人ですか?」
と聞かれ、回答に詰まってしまいました。難しい質問ですよね。そもそも自分が金融に向いているのかもかなり疑問ですし。というわけで自分なりに考えてみました。
一口に「金融」といっても様々なフィールドがあるわけで、それを一纏めに論じるのは無理でがあります。というわけで自分が従事している投資銀行の仕事について考えてみました。ちなみにここでいう「投資銀行」とはFixed IncomeやEquity部門のSales & Trading業務は含まず、いわゆるBankingの仕事を前提とします。

まずこれは投資銀行に限った話ではないですが、論理的思考能力は大事ですね。我々の仕事の目的は究極的にはClientの企業価値を向上させることにあります。そんなシンプルなTaskであることの裏返しとして、それに至るまでの選択肢は無限にあります。Clientの問題点の想起、ニーズの捕捉、これらを踏まえたClientへの提案(そしてそれにかかる膨大な準備)、そしてdealのExecution。それに加えて、社内resourceの確保、効率的なprocessing(他dealとの同時進行)が求められるわけで、これには相当な現状認識能力プラス論理的なマインドが必要であることは言うまでもありません。ちなみにこういうマインドのある人は(これはまったくの私の個人的な意見ですが)数学が得意な人であるような気がします。ちょっと違うな「算数」ですかね。いかがでしょう?

e0040531_2423882.jpg投資銀行の商売はあくまで客商売です。従ってその多寡はともかく、どんなセクション、ポジション(駆け出しのアナリストでも、日本においては割とClientに接する機会があるように思います)にあっても顧客と対峙せざるをえません。ですから、これも当たり前の話かもしれませんがコミュニケーション能力は極めて重要ですね。Clientに会ってなんぼのBankerはなおさらです。やはりデキるBankerの方々はどことなく人間的に魅力的な人達で、社内であっても話していると自然と引き込まれてしまいます。もっとも社内の人くらい惹きつけられないと、Clientなんかついてくるわけないですよね。

もちろんこれは信頼感が前提となっているのでしょうけど、加えてこういう人は物事を効率的且つ効果的に伝えられる人であるように思います。
私が社会人駆け出しのころの先輩で、いつも課長に怒られている人がいました。そんな彼がある日課長にこんな説教をされてました。
「キミの話は長すぎる。しかも結論がなかなか出てこない。例えて言うなれば、私は野球の試合の結果を聞いているのに、キミは1回表から説明しようとする。それでは困るんだ」
まぁ正直この課長の能力もいかがなものかと思ってた私ではありますが、このときばかりは100%同意でした。

e0040531_247746.jpgまだあります。それは「知的好奇心」でしょう。投資銀行の仕事の大きな骨格は何十年と変わってませんが、Clientのneeds、取り巻く環境(経済・法律・会計等々)は日々刻々と変化しています。となれば我々も常にflexibilityを意識せざるをえず、常日頃新しい知識装備を心掛け、様々な情報をキャッチすべくアンテナを張ってないといけません。要は常に勉強しないといけないわけですが、人間、嫌な事は続けられませんよね。
だから「好き」でないといけないわけです。好奇心。

最後に、、、、、お分かりですよね。はい、「体力」です。No doubtです。

なんか読み返してみると「bankerに合っている人」というよりも、自分のあるべき像、理想像になってしまいましたね。あ、それと利益を追い求めるgreedinessは持っていて当たり前という前提です(笑)。

だって狩猟民族ですから。。。。
[PR]

by flautebanker | 2005-12-11 01:21 | business
2005年 12月 09日

America's Safest and Most Dangerous Cities

e0040531_236411.jpgちょっと前になりますが、全米の最も安全な街、危険な街のランキングが発表されてました。
http://www.morganquitno.com/safecity.htm
もっとも時間もなく詳しく読んではないので、その集計方法や、このランキングを発表しているMorgan Quinto Pressなる会社がどんなところかまったく知りません。
ざっくりいえば人口7万5000人以上の全米の各都市を対象に、犯罪率などの犯罪統計を基に作成したランキングだそうです。で、今年の最も危険な街はNew Jersey州のCamden。この街、私自身は行ったことないですが、2年連続で1位だそうです。なにやら昨年1位になってしまって以来、治安回復を目指し州が1億7500万ドル(!)も投じて、治安回復に努めたそう。その結果重罪の発生件数が前年比18%、殺人件数も45%減となったそうですが、それでも1位。無念でしょうね。それにしてもこれだけ犯罪が減っても1位とは、以前はどんな街だったんだか・・・・。HP(http://www.ci.camden.nj.us/)を見てる分にはそんなことは微塵も感じさせませんけどね。

e0040531_2483240.jpg一方、最も安全な都市の1位はMassachusetts州のNewton。そう先月Bostonに行きましたが、かつて私が住んでいた街、Wellesleyの隣町なんです!どうりで平和な街なわけだ!
Policeman
[PR]

by flautebanker | 2005-12-09 02:52 | diary
2005年 12月 04日

Illumination --六本木ヒルズ--

Seasons Greetingse0040531_23383786.jpg
あまりこういう人工的なイルミネーションは好きではないのですが、先日行った六本木ヒルズがあまりに煌びやかだったのでつい。
世の中クリスマスへまっしぐらですね。

e0040531_2339614.jpg

[PR]

by flautebanker | 2005-12-04 23:39 | diary