投資銀行家への道

flbanker.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 26日

「高額消費の爆発」!?

株式市場を牽引役として、日本経済のモメンタムはとってもpositiveになってきたように思います。心なしかタクシーが金曜日つかまりにくくなっている気もしますし(事実、タクシー乗車率は上昇中という記事もありましたね)、無料の求人雑誌(街で配っているアレです)は一頃に比べると随分厚みを増してきたように思います。

そんな中手に取った東洋経済の特集、「高額消費の爆発」。
なんとも刺激的なタイトルですが、中身も相当刺激的でした。

e0040531_346149.gif2005年の国内自動車販売台数は実は前年割れでした。にもかかわらず高級輸入車が売れまくったとのこと。約30%増のマセラティを筆頭に、ポルシェ19%増、BMW16%増、アウディ11%増。百貨店では500万円以上の高級時計、そうブレゲとかパテック、フランクミューラーなどが夏頃から売れ始めた模様(ちなみにこんな高い時計は買えませんが、私自身も相当な時計好き。その話は追々)。
不動産でいえば、1億円以上の所謂「億ション」が飛ぶように売れ、10万を超えるオペラのチケットが即完売、100万を超える旅行ツアーが大人気で、フランス料理屋では10万を超えるワインが次々とオーダーされる。

、、とまぁなんとも景気のいい話です。

依然低価格商品へのニーズが衰えていない中、かような高額消費が伸びているというのは確実に所得層の二極化が進行していることの証左でしょう。ではこの流れは、いつぞやのバブルと同じだろうか?
株式市場が、個人投資家のゲーム感覚による株式売買によって相場が形成されているという危うさがある一方で、上の高額消費には一種の「こだわり」が感じられます。

つまり、車でいえばかつては皆がこぞってメルセデスのSクラスや、CLクラスやらを買い求めていたのと比較すると、今回はマセラティにポルシェ。同じ高級車であってもある種個人の「選好」を強く感じます。つまり車は、「お金持ってます!」のアピールの道具では最早ないようです。
バブルか否かの判断には関係ありませんが、日本人が画一的なシンボル(車で言えば「ベンツ」、「BMW」)を追い求めるのではなく、個人の好み、個性というものが出てきた、ということはこれまでにない動きなのかもしれません。
[PR]

by flautebanker | 2006-02-26 03:38 | business
2006年 02月 19日

福利厚生と仕事のやりがい

いくつか並行して追いかけているディールがそれぞれ徐々に本格化しつつあることから、相当忙しくなってきました。

何曜日か忘れましたが、先週日経新聞にGoogle社(の日本法人)を始めとする企業の手厚い福利厚生を紹介する記事を読みました。詳しい内容は忘れましたが、なにやらオフィスにビリヤード台があったり、オフィスで財布を使うことはない、のような内容でしたよね。そうやって従業員を惹きつけている企業もあると。

確かにそういう日本企業離れしたオフィスの雰囲気が羨ましくも感じますが、でも結局は充実した仕事ができてるかどうか、なんでしょうね、一番重要なのは。オフィスで美味しいコーヒーが飲み放題で、無料で使える洒落たカフェテリアなんかあったとしても、仕事がつまらなかったら決して人は定着しないでしょう。
先のGoogle社も離職率が低いようですが、それは決して福利厚生によるものではなく、従業員それぞれにとって仕事がとても充実してやりがいがあるからでしょう。そういった意味で私はとても恵まれているなと最近つくづく感じます。コーヒーも自腹だし、カフェテリアのかけらもないです。睡眠時間も十分ではないですが、まったく気になりません。今は取り組んで仕事が楽しくて仕方ないというのは正直なところです。

最近採用活動で学生さんとお話しする機会が結構ありますが、そんな皆さんにも是非自身が楽しめる仕事を探して欲しいと思います。「楽しさ」や「やりがい」といったものは人それぞれですが、表面的な物にとらわれず、自分自身の感覚を信じて自らが没頭できそうなjobを探して欲しいものです。
[PR]

by flautebanker | 2006-02-19 03:15 | diary
2006年 02月 15日

[news]金融庁が貸金業に関する懇談会・過剰融資防止など議論

[Nikkei]
金融庁は15日、消費者金融や商工ローンなど貸金業に関する懇談会を開き、過剰融資の防止について議論した。「金融庁として不作為ということになれば問題だ」。後藤田正純政務官は懇談会の最後に、ライブドア問題を放置していたとして批判を浴びる同庁の苦しい立場に言及、先手を打って防止策を検討するよう委員らに求めた。

 金融庁は最近目立つ問題融資の例として(1)残高を維持するため返済を拒否したり一方的に融資枠を広げたりする(2)借り手に担保を手放す意志があるかどうかを確認せず返済能力を超える融資をする(3)連帯保証人の返済能力を十分審査しない――を紹介。検査などを通じて厳しく対処する方針を示した。

 出資法の特例で、上限金利が年54.75%と高く設定されている日賦貸金業についても議論した。日賦は、融資先を小規模な物品販売業者などに限り、返済期間のうち半分以上の日数は業者自らが借り手を訪問して集金しなければならない。だが実際には規制を破って会社員や主婦にも貸し付け、集金も振り込ませるなどの違法行為が増えているとされる。

1月13日の貸金業法にかかる「みなし弁済」規定に関する最高裁判決も含めて、昨今いわゆる「グレーゾーン金利」の議論が非常に活発です。色々な背景があるのでしょうが、一頃の「サラ金」バッシングを彷彿させるものがあります。
[PR]

by flautebanker | 2006-02-15 23:31 | news
2006年 02月 12日

[news]05年協調融資、最高の25兆円に・前年比30%増

自分の備忘録も兼ねて、気になったニュースをupしていきたいと思います。

[Niikei]
(2/8)05年協調融資、最高の25兆円に・前年比30%増
 複数の金融機関が同じ条件で企業に融資する協調融資(シンジケートローン)市場が成長している。2005年の組成額は前年比30.6%増の25兆円となり、過去最高を更新した。企業買収などの大型案件で協調融資を利用する例が相次ぐ一方、中堅・中小企業にもすそ野が広がってきたためだ。融資参加をめぐる地方銀行の競争も激しくなってきた。
 協調融資が増えているのは、銀行が貸し倒れリスクを分散でき、企業にとってはたくさんの金融機関との取引を広げられるためだ。日銀調査によると、05年の協調融資の組成件数は約2900件。05年12月末の残高も34兆円と1年前と比べ36%増えた。

米国との比較でいくとまだまだ成長余地は大ですが、本邦シンジケートローン市場は急拡大しております。ただしあくまでプライマリー市場のみ。セカンダリー市場は正直ないに等しい状況です。また記事には「買収ファイナンス」についての記述がありますが、昨年は1000億を超えるような目立った大型案件はほとんどありませんでした。
[PR]

by flautebanker | 2006-02-12 22:43 | news
2006年 02月 10日

表参道ヒルズ

一足早くに行ってきました!
詳しくは後ほど。

e0040531_152470.jpg

e0040531_1522825.jpg

e0040531_1523873.jpg

[PR]

by flautebanker | 2006-02-10 01:53 | diary
2006年 02月 08日

マスコミのモラル

どうにも常日頃よりマスコミに対しては好戦的なコメントをしがちな私ですが、今日の紀子さまのご懐妊に関する報道については怒りを覚えます。あまりに酷すぎやしませんか?

紀子さまのご懐妊は6週目とのこと。。。。って6週目ですよ?

まず普通の人は、6週目の段階で、その事実を周りの人々には伝えたりしませんよね。その後の流産の可能性を考えると少なくとも安定期に入るまでは伝えないのが常識でしょう。さらに呆れてしまうのが、一部報道がその事実を紀子さまが秋篠宮さまに伝えるよりもよりも早く伝えたという。。。。ありえないですよね。

「報道の自由」を盾に言いたい放題のマスコミですが、その前にモラルというかマナーというか、人間として守るべき最低限の節度みたいなものを持ち合わせてないのでしょうか。
[PR]

by flautebanker | 2006-02-08 15:00 | diary
2006年 02月 06日

HP 12c

皆さんはタイトルの「HP 12c」を見て何を思い浮かべますか?
実はこれ、投資銀行を始めとする金融マンの間のベストセラーの金融電卓のモデル名なんです。かつてのHewlett-Packard社のproductで、今でも生産されてます(残念ながら日本での正規版の販売は終了しているようです)。

e0040531_23453669.jpgHP社はこのHP 12c以外にも金融電卓を生産してますが、同業の皆さんはかなりの確率で12cを使ってます。金融電卓としての機能は実に多彩で(まずもって全部は使いこなせません)、基本的なBond利回り計算から、カレンダー計算、ローン計算、はたまた与えられたCFからNPV,IRRなんかも計算できます。またプログラム作成して、走らせることもできます(すいません、できるらしいです。私はやったことありません)。

もっとも最近は目の前にPCがあればその機能のすべてがExcelでカバーできてしまうわけですが、それでもなおこの12cが愛されているのは次の理由からでしょう。

1)デザイン
なんてことないデザインなんですが、両手に持ったときの感じと、キーを押すときの感覚がなんとも心地よいのです(私だけ!?)

2)独特の入力方法
この電卓、実は普通の電卓と入力の仕方が違います。

なにやら「逆ポーランド方式」というらしいのですが、1+1=2を計算させるのに普通の電卓であれば、この記号通りに打ち込みますが、HP12C では違います。

「1 ENTER 1 +」

と入力します。なんだかよく分からないかもしれませんが、「=」がないんですね。感覚的には入力が日本語通りとなります。つまり「1に1を足す」と入力するような感じですね。最初はとっつきにくいですが、慣れてしまうと普通の電卓が煩わしくなります。というのもこの入力方法だと、メモリーとか〔〕とかが不要になるんです。
例えば、「1 + 2 × 3」の場合、普通の電卓ですと、「2×3+1」と読み替えて計算するか、括弧キーを使って「1+(2×3)」と計算することになりますね。
12cの場合簡単です。「1 [Enter] 2 [Enter] 3 × +」。感覚的には、「1に対して2と3を掛けあわせたものを足す」といった感じです。

機会があれば、一度お試しあれ。
[PR]

by flautebanker | 2006-02-06 23:46 | business
2006年 02月 05日

Amazon.comの凄み

e0040531_3142379.gifこういう仕事をしていると、「買い物に費やす時間」というのはなかなか取れません。
じゃぁネットで、、、というのはかなり安易な話ですが、確かにネット環境につながれたPCさえあれば、いつでも24時間買い物ができるというのは、やはり画期的であると言わざるをえません。とはいえ洋服のように、PC上の写真と、実際に手にとってみた印象に違いがあるであろう商品を買うのはまだ個人的には抵抗あります。他方書籍・CDなんかはどこで買ってもいっしょですから、ついついネットで買ってしまいますね。そうです、私はAmazonの重度のユーザーです。

そんなAmazonについてちょっと調べてみました。つい昨日発表された05年の売上はなんとUSD8.4billionで、日本円にするとほぼ1兆円。すごい。日本の百貨店と比べると、売上規模でいえば伊勢丹、三越を軽く凌ぎ、高島屋とほぼ肩を並べる規模です。ちなみにクリスマス商戦のピーク時のオーダー件数は、1億8千万件。実に1秒間に40件近くのオーダーがあったことになります。

Amazonは書籍のイメージが強いですが、本国アメリカのAmazon.comは、PC・家電・家具・衣料品・玩具・食品など32カテゴリーの商品を取り揃えてます。もはや「世界最大の書店」という形容詞は適切ではないようですね。

しかし、モノをネットで売る、という単純なビジネスモデルで、ここまでの企業になるわけはありません。他社と差別化できる何かがあるはずですね。
真っ先に思いつくのは、「おすすめ」機能。Amazonに馴染みのある方ならお分かりでしょうけど、ユーザーの購入データ、(閲覧データもかな?)に基づきAmazonがその人の好みを分析、それにマッチする商品をトップページに表示します。究極のダイレクト・マーケティングですね。

e0040531_4145254.gifまた実際の書店に行くときというのは、あらかじめ買う本が決まっている場合もありますが、漠然と特定のテーマに関連する書籍を探しにいくこともあります。例えば「新会社法」に関する本を、、といった具合にです。実際に書店に行けば、「法律関係」のコーナーに行き、新会社法に関する書籍を複数見つけることなります。ただしそこに存在するのは、「存在」する本だけです。つまり在庫切れの書籍についてその存在すら分かりません。そんな一連のプロセスもAmazonでは「新会社法」で検索してしまえば、その作業は完了します。在庫の有無にかかわりなく、その書籍群を「売れている順番」、「新しい順番」等で並び替えることもできます。そして、購入する品が決まってクリックすると、さらにそれまでにその商品を購入した人がそれ以外にどのような商品を買ったり、興味を持っているかなどを知らせます。これで買ってしまうこともままあります。間違いなくこの機能が客の購入単価を上げていることでしょう。

また規模が大きくなればなるほど、消費者の行動(閲覧・購入)パターンに関するデータが普遍化され、その価値は増大していくことでしょう。そしてそのようなデータは、商品を卸すサイドからすれば、喉から手が出るほど欲しい情報のはずですよね(使いこなせる企業がどれほどあるのか甚だ疑問ですが・・)。ネットビジネスはどこかの会社ではないですが、虚業的な側面が拭いきれませんが、Amazonに関しては、限りなく実体のあるネット企業であるといえます。さらに言えば単なる「店舗を持たない小売業」というよりも、「恐ろしく効率的な小売業」といった感じでしょうか。

しかしこれだけeasyに本は買えますが、本を読む「時間」はどこにも売ってませんね。。
[PR]

by flautebanker | 2006-02-05 03:29 | business