投資銀行家への道

flbanker.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 23日

美容師という仕事 2

今取り組んでるディールもいよいよ佳境。米国・欧州、そしてアジアに関係者が散らばるディール、当然東京にいる私はさながら交代制のないコンビニ店員のような状態となります。。
それはさておき、クロージングに向けた最後の詰めに対峙する前のちょっとブレイク。というわけで髪を切りに行きました。以前にも美容師さんの仕事について書きましたが、今日はその第2弾です。

e0040531_23503727.jpg店によって色々スタイルはあるのでしょうけど、私の行くお店は大きくスタイリストとアシスタントに分かれていて、その違いは髪を切れるか切れないか。売上の責任を負うのはスタイリストで、給料に占める売上連動部分がかなり大きくなるようです。私のいる投資銀行と構造は非常に似ていますね。つまりお客さんと直接やり取りとしてディールをドライブするのが所謂「オフィサー」と呼ばれる人ですが(一般的にはヴァイスプレジデント「VP」以上)、これがスタイリストだとすると、アシスタントにあたるのがアナリスト・アソイエイトでしょうか。収益責任は基本的にオフィサーが負いますから、その点も同じですね。ちなみにアシスタントにも経験や実力によって位があるようで、ある人はパーマもブローもできるけど、駆け出しの新人はブローしかやらせてもらえなかったり。徒弟制度ですね。

ちょっと話はそれますが、スタイリストが切っているとき、アシスタントさんが横にいてサポートしていますが、基本的にその二人の間に会話はありません。つまり「あれ、取って」とかスタイリストさんが言うまでもなく、アシスタントさんは必要なツールを差し出します。これぞ阿吽の呼吸ですね。全体の流れを読んで、さらにそのスタイリストの仕事の進め方のクセとかを見抜いて、タイムリーにサポートしていくのはなかなか大変な作業ですね。これも投資銀行のアソシエイトが、オフィサー好みのピッチブック(提案資料)を把握しコメントを最小限に抑えるべく作りこんでいき、さらにアソシエイトはオフィサーの言い出しそうなことを予見し、先回りして資料を揃えていくのと似ていますね。聞けば医者もオペのときに「メス」とか言わないそうです、TVドラマのように。助手は全体の流れを把握し、また執刀医のスタイルを見抜いた上で、必要な道具を差し出していくそうです。

アシスタントからスタイリストになるまでの期間は実力・努力次第のようで、本当に実力主義という感じですね。4-5年かかる人もいれば、私を担当してくださっている美容師さんのように2年足らずでなっちゃう人もいるようです。他方、センスとかも問われる世界ですし、労働時間も長い辛い仕事ですから、スタイリストになる前に脱落して辞めていってしまう人も相当いるようです。向き不向きがある仕事なのでしょうね。それは投資銀行も同じですが。過酷さでは負けてないでしょうからね。でもいつも思いますが、人々の気持ちに影響を与えられる仕事というのはいいものです。我々が何千億という金を動かせても、誰かの髪型をその人の思い通りに仕上げて、幸せに気分になってもらえるようなことは逆立ちしてもできないわけですからね。
[PR]

by flautebanker | 2006-04-23 23:52 | diary
2006年 04月 16日

知的財産って・・・

ネット社会が最早当たり前のものになり、知的集約的なソフト・サービス産業におけるコンテンツプロバイダーの重要度は増すばかりですが、その生命線が知的財産にあることは言うまでもありません。そしてそれはそういった産業に限らず、「ものづくり」の世界においても同様です。

e0040531_23461886.jpg世の中模倣商品というのはいくらでもあります。でもここまでするのはいかがなものでしょうか。某林檎社は本当に困ってしまうでしょうね。「ブランド」を築き挙げるには並大抵な企業努力ではだめです。そんな長年の蓄積もこういう行為で一夜にして瓦解してしまうという観点で、非常に卑劣な行為であると個人的には考えます。
ちなみにこの商品、i-pocketというそうです。中身はHDDではなく、SDやメモリースティック、メモリースティックデュオなどのメモリーカードをスロットに挿入して使う仕組みだそうです。ちなみにこの商品を作った某国ではこんな兄弟商品もあるようです。

兄弟商品はこちら
[PR]

by flautebanker | 2006-04-16 23:57 | business
2006年 04月 12日

[news]セオリー、米高級ジーンズを販売・直営店も展開

[Nikkei]
e0040531_3582541.jpg婦人衣料「セオリー」を展開するリンク・セオリー・ホールディングスは11日、米高級ジーンズの「セブン・フォー・オール・マンカインド」の日本における独占販売権を取得したと発表した。百貨店・専門店に卸売りするほか、同ブランドの直営店を展開する。「セオリー」の店舗でもセブンの商品を販売し、手薄だったカジュアル分野を強化する。

卸売事業は約100の百貨店、専門店を対象に5月から開始。当面の目標年商は10億円程度。シャツ、ジャケット、スカートなどを組み合わせた旗艦店を今秋に都内に開業。来年以降に主要都市に広げる。国内に100店近くあるセオリーの店舗でも専用ブランドの「セブン・フォー・セオリー」を5月から販売する。

e0040531_3555485.gifセブンは世界的な高級ジーンズブームの草分け。日本では輸入商社のカイタックインターナショナル(東京・目黒)が販売していた。


本当に商売上手ですね。感服です。しかしセブンのデニムがもはやどこの百貨店でも買えちゃうとなると、これまでのプレミアム性が若干薄れるような気もしますね。難しいところです。
[PR]

by flautebanker | 2006-04-12 03:49 | news
2006年 04月 10日

不思議なフレーズ

いよいよディールも佳境です。
本当に忙しい。。。

そんな私の耳をひきつけたフレーズがこれ。ちなみに某政党の幹部総退陣、及びその張本人の辞職に関するものです。

「H幹事長は、N議員に自発的な辞職を促し。。。。」

促された結果としての辞職は果たして自発的なのか??

なんだか武士道にも通じそうな、なんとも日本的なフレーズだと思いませんか??
[PR]

by flautebanker | 2006-04-10 20:32 | diary
2006年 04月 03日

活況

e0040531_22102487.jpg以前「4年周期?~W杯Yearに何かが起こる!?~ 」というエントリーを書きましたが、そんな杞憂は吹っ飛ぶくらい、マーケットは活況を呈しています。

昨年投資銀行業界は好決算に沸きました。詳しくはウォールストリート日記さんのエントリーをご参照。その最大の牽引役はM&Aでした。今年も引き続き好調で、第一四半期に投資銀行業界はUSD8.9billion(約1兆円)の手数料を得る観測です。これはこれまでの過去最高である2000年を超えるペースのようです。ちなみにこれは一日145億円の手数料を業界は享受していることとなります。

こういうマーケット環境になってくると、つまりM&A案件が増えれば増えるほど、投資銀行はより効率的且つ高収益が狙える案件を選ぶようになってきます。人的資本は限られてますからね。そうやって投資銀行の売り手市場が形成されていきます。結果として、アドバイザリー手数料率は上昇し、さらなる高収益を呼び込むこととなります。

つまりその逆もあるわけです。
投資銀行のビジネスとしてのボラティリティー(不安定さ)を如実に物語ってますね。

さぁこれでも今年は何かが起こるのでしょうか。
[PR]

by flautebanker | 2006-04-03 22:12 | business