<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 09日

演奏会のご案内~アマデウス・ソサイエティー管弦楽団 第28回演奏会

e0040531_1311332.jpg次回演奏会のご案内です。

アマデウス・ソサイエティー管弦楽団
第28回演奏会
2007年2月4日(日) 開場15:30 開演16:00
ティアラこうとう 大ホール

ディーリアス:歌劇「村のロミオとジュリエット」より楽園への道
プロコフィエフ:「ロミオとジュリエット」組曲より抜粋

-休憩-

ガーシュイン:「ラプソディ・イン・ブルー」
アキコ・グレース(中田恒夫編曲):「東京狂詩曲」「ニュー・ムーン」「アース~ビューティフル・プラネット」
バーンスタイン:シンフォニックダンス(「ウエストサイドストーリー」より)

指揮:山田 和樹
ピアノ:アキコ・グレース

ピアノにビッグネーム、アキコ・グレースさんをお迎えしての演奏会です。
今回のプログラムは、ロミオとジュリエットがテーマです。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、バーンスタインのウエストサイドストーリーは、ロミオとジュリエットとモチーフにしたミュージカルです。今回演奏するシンフォニックダンスは、その楽曲群を演奏会形式にオーケストラ用に作り変えたいわば組曲みたいなものです。

これまでもたくさんのビッグネームと共演させていただきましたが、今回のアキコ・グレースさんはすごいです。しかも純粋なクラシック音楽のアーティストではないこともあり、本当に新鮮。特にアキコグレースさんのオリジナル曲は、まさにジャズとクラシックのクロスオーバーともいえる作品で、演奏していても非常に刺激的ですね。

私は後半に出演します。
[PR]

by flautebanker | 2007-01-09 08:25 | music
2007年 01月 08日

楽器を鳴らすということ

今更ですが、昨年11月のフィルハーモニア・エテルナの第12回演奏会にはたくさん方にお越しいただきました。本当にありがとうございました。

私のようなアマチュア奏者とプロ奏者の決定的な差は、「楽器を鳴らせるか否か」という点にあると思ってます。楽器が鳴る?音が出るということ?つまりflautebankerは普段音が出ないのか?と思われるかもしれませんが、そういうことではありません。
ここでいう「楽器が鳴る」とは、楽器が充分に響いて、楽器本来能力を最大限引き出し、楽器全体を共鳴させることにあると思います。

言うは易し。これが本当に難しいんです。

プロの方々は日々楽器を吹かれてますので、楽器はいつでも「鳴る」準備OKです。他方、私のような素人は、普段仕事に忙殺されてますから、楽器を吹ける機会なんて多くて週に1回。となれば、楽器がwarm upされて鳴り出すまでに、相当な時間がかかるんですね。体調が優れないときや、部屋の環境(例えばものすごく寒いとか)によっては、最後の最後まで鳴らないことがあります。

じゃぁ本番前に念入りに音出しすればいいじゃないか。仰るとおりです。それが大前提です。しかし、いざ客席を前にすると力むのか、はたまた緊張して手の温度が急激に下がるからなのか、それでも本番に思うように鳴らないことがあります。ここが決定的なプロとの違いなんですね。楽器の鳴らし方という点での安定感がまったく違います。

さて翻って昨年の演奏会ですが、細かいミスはともかく、楽器としては非常によく鳴っていたと思います。ディールの真っ只中で寝不足ということもあり、体調は最悪でしたが、不思議ですね。チェロ協奏曲にもかかわらず、一部の方からは「まるでフルート協奏曲だった」という評価。。これはこれでオケマンとして褒められた話ではないですが、内心してやったりという感じです(笑)。

それはそれとして、学生の頃から吹かせていただいてますが、十束先生の音楽作りは本当に素晴らしい。ただただ魅了されっぱなしです。もちろん山崎先生のチェロ独奏もブラボーでした。途中二人で演奏するところで、調子にのって煽っちゃいました。すいません。。。素人風情にもかかわらず。。。。

いずれにしても、この楽器の響き・感触を忘れずに次回の演奏会に臨みたいものです。
[PR]

by flautebanker | 2007-01-08 11:51 | music
2007年 01月 03日

信頼できる医者?

e0040531_034481.jpg昨年は時折体調を崩しながらも、大きな病気はせずなんとか突っ走ってきた一年でしたが、最後の最後でかなりの高熱を出してぶっ倒れました。な、なんと計測ベースでは、39.8度!世界がグルグル回ってました・・。

最初に行った医者から処方された薬では、あまり熱が下がらなかったこともあり、翌日違う医者を訪れたわけですが、この医者がすごい。

とにかく口調がべらんめえ調(笑)。

最初の医者から貰った薬よりも強めの抗生剤を紹介されたのですが、こんな感じです。
「この薬はな、すげー効く。ただね、言っておかなきゃいけねえことがあるんだ。それはな、稀に、そう160万人に一人くらい、意識がスコーン!!っていっちまうんだ。でも俺はこれしか効かねえ。どうだ?まぁ名古屋市内で一人くらいだな、ガッハッハ。」

先生、「スコーン」って・・・。
それに後で調べたら、名古屋には220万人くらいいますってば。。

でも妙に説得力がありました。何故なんでしょう。
一言でいえば、ものすごく合理的だったということだと思います。

最初に行った医者がインフルエンザかどうか検査もせずに、この周辺では流行ってないという理由だけでおそらく違うという判断をした一方で、この先生はすぐに検査。
「話しててもしょうがねぇ、調べりゃわかることだ」と。

私の恐ろしく腫れあがっていた扁桃腺を見て、一通りの説明をしてくれたものの(口調は相変わらずですが・・)、最終的には耳鼻科の判断になるので
「俺は専門外だから、結論は出せん」と。

調べてわかるものは調べる。分からんもんは分からん。
実に合理的ですよね。推測などは一切なし。
そんなところが私の琴線に触れたのでしょうか。でもそれは私だけでないようです。
かなり賑わっているクリニックなようですので。

そんな個性的な先生が身につけていた時計はというと、ロレックスでもなく、オメガでもなく、パテックでもなく、

これ。
[PR]

by flautebanker | 2007-01-03 23:45 | diary
2007年 01月 01日

元日のTV番組に想う

皆様、あけましておめでとうございます。
元旦早々、書きかけのエントリーが消失し、何やらきな臭いものを感じております。。

さて、昨年後半から猛烈に忙しくなり、すっかりブログ更新がままならなくなってしまいました。。。というのは言い訳。書こうと思えば書けた筈です。
私なんかよりもきっと忙しい方々のブログを拝見していると、なんとも恐ろしい更新頻度。敬服するばかりです。

元はと言えば、本当に書くことが苦手な私が、そして滅多に対外的に「文章」というものを書かない私が、ブログという媒体を通して、不特定多数の方々に自分の文章を読んでいただくことから得られる刺激、そう、ある種の自己鍛錬の場として考えていたにもかかわらず、仕事を理由にサボっていたら意味がありません(実際、昨年は初めて雑誌の記事なんぞを書いたりしましたし))。
というわけで、ブログを更新することが、自己啓発の一手段であることを今一度確認して、今年は頑張ろうかなと思います。

それにしても年末年始のTV番組はつまらないですね。
(紅白のDJ OZMAには度肝を抜かれましたが)
時間を持て余す視聴者のために、そんな時間をただやり過ごすためだけに作られた番組という趣が浮き彫りにされます。
しかし番組のジャンルに関係なく、お笑い芸人の活躍には目を見張るばかりです。
(あとジャニーズですかね)
とはいえ出演している芸人達を見ていると、かなり偏っています。同じ芸人が、複数のチャンネルを占拠していることはザラ。きっと年末は連日番組の収録に追われ、おそらく考え抜かれたであろうネタをもう垂れ流し状態ですね。
本来、人を笑わせる仕事に従事している彼らが、対峙しているのはカメラ。そして受け止める側の視聴者といえば、お雑煮食べながら?年賀状の整理をしながら?まぁとにかく「適当」に見ているだけでしょう。
これでは、彼らはまさに「消費」されているだけです。これでは飽きられて、忘れ去られてしまうのも時間の問題ですよね。現にちょっと前にブレークした某ギター侍、どこにいったのでしょう・・・。

そう考えてみると、ホリエモンしかり、昨今のM&Aブーム(!?) しかり、そのターミノロジーは驚くべきことにお茶の間にまで浸透していますが(世界中にどこの国探したって、やれホワイトナイトだ、パックマンディフェンスなんて言葉がTVで連日報道される国はないでしょう)、結局その本質に迫ることなく、これまた驚くべきスピードで風化していっているように思います。

もっとも私が身を置く投資銀行には多少のベネフィットがあったかもしれませんね、その認知度が多少なりとも向上したことを考えれば。
(もちろん依然として外資脅威論、悪玉論的なアプローチも散見されますが)

それはともあれ、投資銀行、とりわけ投資銀行部門はお客様から手数料を頂戴する純然たるサービス業。お客様は日々真剣に自らの企業価値をいかにして向上させるか考えを巡らせているわけで、そんな方々に私達が、付け焼刃的な提案を持っていったところで見向きもされません。そう、「消費」されるようなネタではだめなのですね。本物でないと。ただ漫然とネタを垂れ流していると、それこそかのお笑い芸人のようにきっといつの日かマーケットから退場させられることになるのでしょう。

そんなことを年末年始のTV番組を見ながら考えてしまう自分が、やはり律儀な日本人だなと感じてしまった正月元旦でした。

では皆様、本年もよろしくお願いいたします。
[PR]

by flautebanker | 2007-01-01 15:57 | diary