<   2008年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 25日

得点力不足ニッポン

サッカーに野球、、、どうして日本は「点」が取れないんでしょう。(所詮私は素人ではありますが)サッカーに関して言えばMF、つまりお膳立てする人々の評価は世界的に見ても決して低くはずなのに。

決して個々の技術力で劣ってはいないと思われる我らがニッポンは、何故決定的なチャンスに弱いのか。ふと思いを巡らせてみると、結論としては月並みではありますが農耕民族だからなのかと感じます。対となるところの狩猟民族について言えば、結果がすべてです。その結果とは、獲れるか獲れないかだけです。さらに言えば、獲れないという結果は、究極的には死を意味します。食えないわけですから。
他方農耕民族はというと、そのプロセスの巧拙で収穫量に差が付くのは当然ですが、余程のことがない限り収穫量がゼロになることはないでしょう。農業が簡単と言っているのではありません。むしろその収穫量を最大化すべく、長年に渡り様々な創意工夫があったんだと思います。それは絶対に必要なものであり、評価すべきものです。ただし、獲れなければ「死」、このような緊張感を味わうことは稀でしょう。

W杯におけるサッカーや、オリンピックにおける野球のような一発勝負の舞台は、まさに狩りの場であり、狩猟民族的なマインドを持つ人が強いのは直感的には納得がいきます。
(ただサッカーの強いヨーロッパの人々が狩猟民族かというと、、、どうなんでしょう。歴史には弱いもので・・・)

この議論にはもう一つの側面があります。個人レベルの責任の重さの違いです。これまた直感的な例で恐縮ですが、一家で農家であれば、お父ちゃんもお母ちゃんも(で、おそらく子供たちも)農業に従事するわけですが、チームプレイである一方、お父ちゃんが狩りをしている一家におけるお父ちゃんの責任は重大です。獲れなければ、一家飢え死にですから。

農耕民族におけるリスクもリターンも共有するネイチャーが、かえって個々の責任を希薄化させてしまうのでしょう。それに、なんだかんだと日本国民も寛大ですよね。ボール支配率も高く、惜しいチャンスがたくさんあったが負けてしまったような試合の場合、メディアは「日本惜敗」と報じ、「善戦」、次につながる敗戦、というムードになります。おかしいですよね。負けたのに。格好悪くても勝利に勝るものはないはずです。ファンタジスタもいいですが、泥臭くでもなんだかんだ、点を取ってくれるFWの方が絶対に偉いと思います。少なくとも部下としてはそういう人間が欲しい。真偽の程は定かではないですが、WBCの候補に星野監督が挙がっているとか。で本人もまんざらでもなさそうです。正直あれだけ惨敗した彼にそのようなroleをofferする感覚はまったく理解できません。

これらは何もスポーツに限ったことではなく、金融でも同様のことが言えます。米国など徹底した「自己責任」に基づく直接金融主体の海外市場に対し、商業銀行を軸とする間接金融国ニッポン。自らのポートフォリオからのキャリー(経過収益)を収益の中心とする商業銀行はまさしく農耕民族です。そのような文脈でいえば、投資銀行マンは良くも悪くも狩猟民族に近いですね。Deal Hunter。

私のチームはひたすら「勝ちに」こだわる戦闘集団でありたいと思ってます。惜しいpitch(プレゼン)ではダメ。とにかくマンデートです。さもないと1円も稼げません。ひいては全員路頭に迷うわけで。厳しいマーケット環境が続きますが、この原則はいつの時代も不変です。

とはいえ全員日本人の我がチーム、なかなか理想通りというわけにはいきませんけどね。
e0040531_195940100.jpg

[PR]

by flautebanker | 2008-08-25 23:00 | investment bank